メモ

冷房を27度未満に設定することがスペインで禁止される


気温がセ氏45度に達する日が続き熱波による死亡や山火事が多発しているスペインで、公共の場所でエアコンを27度以上に設定するよう義務づける法令が発令されました。各家庭にも自発的に対応するよう呼びかけられています。

Medidas de ahorro energético: el Gobierno dejará de iluminar los edificios públicos y da 7 días para apagar los escaparates
https://www.elconfidencial.com/economia/2022-08-01/consejo-ministros-medidas-ahorro-gas_3470093/

Spain orders public places set air conditioning no lower than 27 degrees Celsius - The Verge
https://www.theverge.com/2022/8/3/23291066/spain-bans-setting-air-conditioning-below-27-degrees-celsius

2022年8月2日に官報に掲載され、次週から施行される予定の法令では、公共の場所でエアコンを27度以上に設定し、省エネのために建物のドアを閉めたままにすることを義務づけています。公共の場所にはオフィス、店舗、バー、劇場、空港、駅などが含まれ、スペインの全家庭にも勧告として適用されています。さらに、冬の暖房をセ氏19度以下に保つことも義務づけられています。

スペインでは猛烈な熱波により1週間で360人が死亡したと報じられており、異常気象への対応を余儀なくされています。スペインのペドロ・サンチェス首相は、国が緊急にエネルギーを節約する必要があると公言し、人工的な支援なしに涼しく過ごすために、会社員にネクタイを外すよう奨励しているほどだとのこと。


2021年7月にはギリシャとイタリアも同様の法令を施行し、公共施設の冷房を27℃以上にすることを義務づけ、冷房時のエネルギー使用を制限しています。さらに、フランスは冷暖房を夏は高めに、冬は低めに設定するよう命じ、冷房の効いた事業所がドアを開けたままにしていると750ユーロ(約10万円)の罰金を科すとしています。

なお、今回の法令は2023年11月1日まで有効となります。さらにスペインは冷暖房使用時の自動ドア閉鎖システムの設置を義務付ける予定であり、一部例外を除き、2022年9月30日までに各店舗は対応する必要があるとのこと。さらにポスター等で省エネ対策を講じていることをアピールしたり、空間の温度を可視化する温度計を設置したりすることが求められています。

マドリードの自治体の代表を務めるイザベル・ディアス・アユソ氏はエアコンの温度を下げてはならないという法令に対し、不安を煽り、観光や消費を遠ざけるとして「マドリードはスイッチを切らない」とツイートし、措置に応じない意向を表明しました。

Por parte de la Comunidad de Madrid no se aplicará. Madrid no se apaga.

Esto genera inseguridad y espanta el turismo y el consumo.

Provoca oscuridad, pobreza, tristeza, mientras el Gobierno tapa la pregunta: ¿qué ahorro se va a aplicar a sí mismo? https://t.co/3nDyfnwsxb

— Isabel Díaz Ayuso (@IdiazAyuso)

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
熱波でイギリスの電気の価格が「55倍」に跳ね上がる - GIGAZINE

記録的熱波によりGoogle CloudとOracle Cloudの2つのクラウドサービスがほぼ同タイミングで停止 - GIGAZINE

人間が耐えられる限界の暑さは湿球温度「31度」だということが判明 - GIGAZINE

地球温暖化がもたらす寝苦しい夜が世界中の人々の「睡眠」を着実に悪化させている - GIGAZINE

気候変動がインドを直撃して降雨量99%減&過去122年間で最も暑い3月に、熱波による小麦の収穫量減などの問題も多発 - GIGAZINE

in Posted by log1p_kr

You can read the machine translated English article here.