メモ

「ロシアが2016年の大統領選に干渉してトランプ陣営を助けた」とアメリカ上院委員会が結論を下す


アメリカ上院情報委員会が3年がかりの調査の結果として、ロシアのプーチン大統領が2016年のアメリカ大統領選で、ヒラリー・クリントン民主党候補を不利にするための工作を行っていたと報告しました。

Senate Intelligence Committee Russia Report: Putin Ordered 2016 Democratic Hack - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-08-18/putin-ordered-2016-democratic-hack-bipartisan-senate-panel-says

Senate Panel Details Ties Between 2016 Trump Campaign and Russia - The New York Times
https://www.nytimes.com/2020/08/18/us/politics/senate-intelligence-russian-interference-report.html

Senate report details ‘grave counterintelligence threat’ posed by Trump campaign’s 2016 contact with Russia - The Washington Post
https://www.washingtonpost.com/national-security/senate-intelligence-trump-russia-report/2020/08/18/62a7573e-e093-11ea-b69b-64f7b0477ed4_story.html

現地時間2020年8月18日、アメリカ上院情報委員会は、966ページにも及ぶ長大な報告書を公開しました。この報告書は、「ロシアゲート」としても知られる2016年のアメリカ大統領選におけるロシアの干渉に関する同委員会の最終報告書です。

REPORT OF THE SELECT COMMITTEE ON INTELLIGENCE UNITED STATES SENATE
(PDFファイル)https://int.nyt.com/data/documenttools/senate-intelligence-committee-russian-interference/8cf58e574d235164/full.pdf


トランプ大統領には長年にわたって「2016年の大統領選についてロシアと共謀した」という疑惑が存在しており、今回の報告書もトランプ大統領の疑惑に関する調査の一環です。トランプ大統領の疑惑について、今回の報告書は「共謀はなかった」と結論付けていますが、「しかし、協調はあった」と記しています。

アメリカ上院情報委員会の3年間にわたる調査によると、トランプ陣営とロシアの間に共謀の証拠は存在しないものの、トランプ陣営は「意図的なリーク」によってロシアと共同歩調をとっていたとのこと。報告書には、2016年の大統領選でトランプ陣営の選挙対策本部長を務めていたポール・マナフォートがロシア側の諜報員であるコンスタンティン・キリムニックや資産家のオレグ・デリパスカ氏と世論調査や戦略の詳細などを半年近くに渡って間接的に共有しようと画策したとして、マナフォートらの活動を「防諜における深刻な脅威」と記しています。なお、マナフォートはマネーロンダリングや共謀罪で実刑判決を受けており、キリムニックは証人への不当干渉などで起訴されています。

ロシア側の行動については、「民主党のコンピューターネットワークとアカウントをハッキングし、民主党の大統領候補だったヒラリー氏のキャンペーンに打撃を与える情報を漏えいさせるようにロシアのプーチン大統領は命じた」と記載されています。アメリカ上院情報委員会の調査によると、ロシアの目的は、アメリカの民主主義プロセスの弱体化にあったとのこと。

この調査結果を受けて、民主党陣営はトランプ大統領を盛大に非難しています。2020年のアメリカ大統領選における民主党側の候補者であるジョー・バイデン氏のスポークスマンは「ロシア政府は2016年にドナルド・トランプ氏の当選を助け、民主主義を弱体化するために介入し、ドナルド・トランプ氏も両手を挙げて歓迎しました。2020年においても彼らは同じことをしており、トランプ氏は彼らの援助を受け入れようとしています」とコメント。一方、トランプ大統領のスポークスマンは「この終わりのない、根拠のない陰謀論は急進的なリベラルとメディアのパートナーによって売り込まれており、彼らがいかにアメリカ国民の意思と2016年の選挙結果を受け入れることができないかを示しています」と述べ、トランプ大統領は「デマだ」と一蹴しました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ロシア軍のハッカーがトランプ大統領の援護射撃に乗り出したとの報道 - GIGAZINE

トランプ大統領が史上4人目の弾劾調査対象に、手続きはどう進められるのか? - GIGAZINE

米民主党全国委員会に侵入し機密情報を盗んだハッカー「Guccifer 2.0」がロシア連邦軍参謀本部情報総局の役員だと判明 - GIGAZINE

米大統領選でロシアの関与した「ロシアゲート」のFacebook投稿は1億2600万人にリーチ・ツイートは13万1000件・YouTubeには1000本以上の動画 - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.