×
ソフトウェア

今日は毎月恒例「Windows Update」の日


今月も毎月更新されるWindowsのセキュリティ更新やバグ修正が配信されるWindows Updateの日がやってきました。早めにアップデートしておきましょう。

2018 年 11 月のセキュリティ更新プログラム (月例) – 日本のセキュリティチーム
https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2018/11/14/201811-security-updates/


◆Windows 10 v1809、v1803、v1709、v1703、v1607、32 ビット版システム用Windows 10、x64ベース システム用Windows 10(Edgeを除く)
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Windows 10 v1809:4467708、Windows 10 v1809 SSU:4465664、Windows 10 v1803:4467702、Windows 10 v1803 SSU:4465663、Windows 10 v1709:4467686、Windows 10 v1709 SSU:4465661、Windows 10 v1703:4467696、Windows 10 v1703 SSU:4465660、Windows 10 v1607:4467691、Windows 10 v1607 SSU:4465659、Windows 10:4467680、Windows 10 SSU:4093430

◆Microsoft Edge
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Microsoft Edge:446770844677024467686446769644676914467680

◆Windows Server 2019、Windows Server 2016、Server Coreインストール(2019、2016、v1803、v1709)
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Windows Server 2019:4467708、Windows Server 2019 SSU:4465664、Windows Server 2016:4467691、Windows Server 2016 SSU:4465659

◆Windows 8.1およびWindows Server 2012 R2
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Windows 8.1およびWindows Server 2012 R2マンスリーロールアップ:4467697
Windows 8.1およびWindows Server 2012 R2セキュリティのみ:4467703
Windows 8.1およびWindows Server 2012 R2 SSU:3173424

◆Windows Server 2012
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Windows Server 2012マンスリーロールアップ:4467701
Windows Server 2012セキュリティのみ:4467678
Windows Server 2012 SSU:3173426

◆Windows RT 8.1
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Windows RT 8.1マンスリーロールアップ:4467697
Windows RT 8.1セキュリティのみ 4467703
注:Windows RT 8.1の更新プログラムはWindows Updateからのみ入手できます。

◆Windows 7 および Windows Server 2008 R2
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Windows 7 および Windows Server 2008 R2マンスリーロールアップ:4467107
Windows 7 および Windows Server 2008 R2セキュリティのみ:4467106
Windows 7 および Windows Server 2008 R2 SSU:3177467

◆Windows Server 2008
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Windows Server 2008の更新プログラムは、マンスリーロールアップとセキュリティのみのパッケージで提供されるようになりました。
Windows Server 2008マンスリーロールアップ:4467706
Windows Server 2008セキュリティのみ:4467700
Windows Server 2008 SSU:3020369

◆Internet Explorer
最大深刻度:
重要

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Internet Explorer 9マンスリーロールアップ:4467706
Internet Explorer 9 IE累積的:4466536
Internet Explorer 10マンスリーロールアップ:4467701
Internet Explorer 10IE 累積的:4466536
Internet Explorer 11マンスリーロールアップ:44671074467697
Internet Explorer 11 IE累積的:4466536
Internet Explorer 11セキュリティ更新プログラム:446768644677084467691446769644677024467680
Internet Explorer 11 SSU:44656614465664446565944656604465663

◆Microsoft Office 関連のソフトウェア
最大深刻度:
重要

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
マンスリーセキュリティ更新プログラムのリリースのMicrosoft Officeに関連するサポート技術情報の記事の数は、CVEの数、および影響を受けるコンポーネントの数によって変わります。Officeの更新プログラムに関連するサポート技術情報は数件です。概要をお知らせする目的から、ここでは一部のみを掲載します。資料の詳細については、「セキュリティ更新プログラムガイド」を参照してください。

◆Microsoft SharePoint 関連のソフトウェア
最大深刻度:
重要

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Microsoft SharePoint関連のソフトウェア:44615204461501446148344615134461511

◆Microsoft Exchange Server
最大深刻度:
重要

最も大きな影響:
特権の昇格

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
問題の脆弱性は、特定のレジストリキーを削除することで解決できます。詳細については、セキュリティ更新プログラムガイドの脆弱性のWebページCVE-2018-8581を参照してください。

◆Skype for Business、Microsoft Lync
最大深刻度:
注意

最も大きな影響:
サービス拒否

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Skype for Business:4461473
Microsoft Lync:4461487

◆.NET Core
最大深刻度:
警告

最も大きな影響:
改ざん

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
.NET Coreは、MicrosoftとGitHubの.NETコミュニティが保守している汎用開発プラットフォームです。

◆PowerShell Core
最大深刻度:
重要

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
PowerShell Coreは、GitHubのMicrosoftおよびPowerShellコミュニティが管理しているオープンソースのクロスプラットフォームアプリケーションです。

◆Team Foundation Server
最大深刻度:
重要

最も大きな影響:
なりすまし

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Team Foundation Serverのドキュメントと更新プログラムについては、https://docs.microsoft.com/ja-jp/tfsを参照してください。

◆Microsoft Dynamics 365
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Dynamics 365のドキュメントと更新プログラムについては、https://docs.microsoft.com/dynamics365を参照してください。

◆ChakraCore
最大深刻度:
緊急

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
ChakraCoreはChakraのコア部分であり、HTML/CSS/JSで記述されたMicrosoft EdgeとWindowsアプリケーションを強化する高パフォーマンスのJavaScriptエンジンです。詳細については、https://github.com/Microsoft/ChakraCore/wikiを参照してください。

◆Adobe Flash Player
最大深刻度:
重要

最も大きな影響:
リモートでコードが実行される

関連するサポート技術情報またはサポートのWebページ:
Adobe Flash Playerのサポート技術情報:4467694
Adobe Flash Playerのアドバイザリ:ADV180025

なお、インストールされているソフトウェアの組み合わせによって実際のアップデート件数は異なります。詳細をチェックする場合はセキュリティ更新プログラム ガイドから検索が可能で、日付範囲を11月14日に指定すれば今月のセキュリティ更新のリリースノートや詳細を取り込むことができます。

Windows Updateはアメリカ時間で毎月第2火曜日に公開されており、次回のアップデートは日本時間で2018年12月12日(月)に提供予定となっています。

・関連記事
ユーザーのデータが消えるWindows 10のアップデート問題で新たに別のデータ消滅問題が浮上、回避策はコレ - GIGAZINE

ユーザーデータが勝手に消去される重大問題を受け「Windows 10 October 2018 Update」が配信停止へ - GIGAZINE

ユーザーデータ消失が報告されていたWindows 10 October 2018 Updateの修正版が登場 - GIGAZINE

Windows 10のライセンス認証が正当なユーザーなのに拒否されてしまう事態が発生 - GIGAZINE

Windows 10で表示されるエラーの原因は1974年のOSにあった - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logx_tm