試食

スタバの滑らかな氷を使った「ティバーナ フローズン ティー グレープフルーツ & トマト/ハーバル レモネード」はトマトとレモンが爽やかなドリンク


スターバックスでフローズンティードリンクの全く新しい形として「ティバーナ フローズン ティー グレープフルーツ & トマト」「ハーバル レモネード」が2018年7月2日(月)から登場しています。フローズンとノンカフェインティーを合わせたドリンクだとのこと。トマトとグレープフルーツを使った華やかなドリンクと、レモネードをイメージした爽やかな酸味のドリンクを飲んでみました。

ティバーナ™ フローズン ティー グレープフルーツ & トマト|スターバックス コーヒー ジャパン
http://www.starbucks.co.jp/beverage/tea/4524785357457/

ティバーナ™ フローズン ティー ハーバル レモネード|スターバックス コーヒー ジャパン
http://www.starbucks.co.jp/beverage/tea/4524785344150/

プレスリリース(2018/06/25) | スターバックス コーヒー ジャパン
http://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2018-2748.php

スターバックスに到着。


お店の前には新登場したフローズンティーの登場を知らせる鮮やかな看板があります。今回は「ティバーナ フローズン ティー グレープフルーツ & トマト」と「ティバーナ フローズン ティー ハーバル レモネード」の「Tall」サイズを注文します。


注文してから3分程で「ティバーナ フローズン ティー グレープフルーツ & トマト」と「ティバーナ フローズン ティー ハーバル レモネード」ができあがりました。両商品はスターバックスのティーブランドTEAVANA(ティバーナ)の品で、TEAを多彩に変えて今までになかったTEA体験をスターバックスから提供するというのがテーマの品となっています。


Tallサイズのカップの高さは交通系ICカード(長辺8.5cm)よりやや高いぐらい。


「ティバーナ フローズン ティー グレープフルーツ & トマト」(Tallサイズのみ:税別520円)は、パッションティーにグレープフルーツとトマトのフローズンを合わせたドリンク。


トマトを連想させる真っ赤な赤色をしています。


フタを外すと、赤いパッションティーと、フローズンが合わさっているのが確認できます。


パッションティーはハイビスカスやシナモン、ドライアップル、リコリス、レモングラスがブレンドされたノンカフェインのハーブティー「アイス パッションティー」です。


飲んでみると、最初にトマトの香りの存在感に驚かされます。香りはトマトですが味はグレープフルーツやドライアップルの控えめな甘みにトマトの酸味がアクセントになっています。グレープフールツの苦みが後味をサッパリとさせてトマト特有の青臭さなどのクセは控えめなので食事と合わせても良さそう。


グレープフルーツとトマトのフローズンは柔らかくてトロッとしています。溶けてもドリンクの味をあまり薄めないのがグッド。


「ティバーナ フローズン ティー ハーバル レモネード」(Tallサイズのみ:税別520円)はノンカフェインのハーブティー「アイス カモミールティー」とレモンのフローズンを合わせたフローズンティーとなっています。


レモネードを意識したというドリンクはほんのりと黄色く「アイス カモミールティー」にレモンフローズンでマーブル模様になっています。「グレープフルーツ & トマト」より甘いので、サッパリしていて甘ったるくない冷たいものを飲みたい時は、こちらがオススメ。


フタを外すと、シロップをベースとしたフローズンの所々に黄色い粒のレモンピールが含まれているのがわかります。


飲んでみると、フローズンのシロップからほんのりと甘味がしてレモンの爽やかな酸味とレモンピールの苦みがアクセントになっています。


レモンピールのツブツブとカモミールティーの甘い香りも楽しめるドリンクとなっていました。


「ティバーナ フローズン ティー グレープフルーツ & トマト」は2018年8月7日まで、「ティバーナ フローズン ティー ハーバル レモネード」は2018年8月30日までの期間限定商品となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
スタバのほろ苦くて、ほろ甘い「大人のフラペチーノ」こと「エスプレッソ アフォガート フラペチーノ」を飲んでみた - GIGAZINE

スタバでカクテルのようにシェイクしたイタリア風アイスコーヒー「シェケラート」のフワフワな泡を味わってみた - GIGAZINE

スタバのこだわり水出しコーヒーに柑橘系の甘酸っぱさをプラスした「コールドブリュー アップル シトラス」を飲んでみた - GIGAZINE

1971年創業のシアトルにあるスターバックスコーヒー1号店に行ってきた - GIGAZINE

スターバックスを一生出入禁止にされてしまった男 - GIGAZINE

「スターバックス ヴィア」はスタバで飲む味わいを一体どこまで再現できているのか、その場で飲み比べ - GIGAZINE

スタバ店員が選ぶ「最悪な注文カスタマイズ」集が色んな意味ですごい - GIGAZINE

スタバが森永の「マウントレーニア」のロゴが似ていると訴訟を起こすも、類似性はないと判決 - GIGAZINE

おいしいコーヒーを味わうために「産地」「焙煎」「抽出」の3つで知っておくべきポイント - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.