×
ハードウェア

NVIDIAが非難殺到のGeForce Partner Program(GPP)を取りやめる


NVIDIAは「ライバルAMDのグラフィックボードを市場から締め出す」ためにパートナーのグラフィックボードメーカーに対してNVIDIA製品とAMD製品の差別化を無理強いしているのでは?と批判が殺到していた謎のプログラム「GeForce Partner Program(GPP)」を取りやめました。

Pulling the Plug on GPP, Leaning into GeForce | The Official NVIDIA Blog
https://blogs.nvidia.com/blog/2018/05/04/gpp/

GPPがどのようなプログラムなのかについては、以下の記事で確認できます。

NVIDIAがゲーミングブランドからAMDを締め出そうとしている「GeForce Partner Program」問題とは? - GIGAZINE


これに対して、AMDは「ゲーマーの選択の自由」を求める特設ページ「Radeon RX Graphics: A Gamer’s Choice」を公開し、ASUSはAMD専用の新ブランド「AREZ」を発表していました。

AMDが「ゲーマー税の排除」を求めて謎の半導体メーカーを暗に批判、ASUSからは新ブランド「AREZ」登場 - GIGAZINE


NVIDIAはGPPを取りやめた理由について、「最近、GPPに関して様々なことが言われており、その憶測はNVIDIAの意図をはるかに超えています。誤った情報と戦うのではなく、プログラム自体を取りやめることを決定しました」と述べています。とはいえ、NVIDIAは終始、GPPの内容を明かしてこなかったこともあり、その「意図」が何で、方法がどのようなものだったのかについて依然として不明です。

なお、NVIDIAによるGPP撤廃が原因なのか、AMD専用ブランドの「AREZ」を準備していたASUSのゲーミング向け製品にROGブランドが復活しています。

AMD Series | Graphics Cards | ASUS USA


ただし、ASUS USAには「AREZ」製品も残ったままで、今後、ROGとAREZのすみ分けがどうなるのかはよくわかりません。


・おまけ
NVIDIAのGPP取り下げでAMDの「Radeon RX Graphics: A Gamer’s Choice」キャンペーンは奏功したと言えそうですが、グラフィックボード市場に参入したASRockのヨーロッパ担当セールスマネージャーが、「AMDがASRock製グラフィックボードのEU販売に同意しない」という愚痴をこぼしています。

AMD untersagt ASRock den Verkauf seiner Grafikkarten in Europa
http://www.tomshardware.de/amd-asrock-grafikkarten-europa-nicht_verfugbar,news-259293.html

この愚痴は、ASRockの「RX 580 Phantom Gaming X」の販売見込みが立たない窮状について、ASRockのヨーロッパ担当セールスマネージャーが嘆いたもの。これが事実ならば、「ゲーマーの選択の自由」を訴えるAMDのダブルスタンダードも批判を受けそうです。

・関連記事
世界的にPC市場が縮む中、ゲーミングPC市場は3兆円を超え急速に成長中 - GIGAZINE

NVIDIAがGeForce GTX 970の「VRAM3.5GB問題」で訴えられる - GIGAZINE

仮想通貨相場の高騰でゲーマーはグラフィックボード入手がますます困難に - GIGAZINE

NVIDIAのハイエンドGPU「Titan V」は計算結果がその度に異なる気分屋すぎて技術者が悲鳴 - GIGAZINE

90年代にすい星のごとく現れGPUトップ企業に上り詰めるも爆速で消えていった「3dfx Interactive」 - GIGAZINE

NVIDIAのグラボがプライバシーモードでの閲覧画面をさらしてしまうおそれ - GIGAZINE

ライバル関係にあるIntelとAMDが結ぶライセンス契約の理由と意味とは? - GIGAZINE

in ハードウェア,   ゲーム, Posted by logv_to