「Appleが自社でMicroLEDディスプレイを開発中」の報道を受け関連株価が急落


Appleが液晶よりも消費電力が低く、高画質で明るい次世代ディスプレイ「MicroLED」を開発していると報じられています。

Apple Is Secretly Developing Its Own Screens for the First Time - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-03-19/apple-is-said-to-develop-displays-to-replace-samsung-screens

Appleはカリフォルニアに建設したばかりの新本社近くにある秘密の製造施設を使って、独自のディスプレイを設計しているとBloombergが報じました。Bloombergが匿名の情報源から得た情報によると、AppleはMicroLEDディスプレイの開発に多額の投資を行っているとのこと。MicroLEDディスプレイはiPhone Xなどに用いられているOLED(有機ELディスプレイ)とは異なる発光化合物を用いたディスプレイで、OLEDよりもコンパクトで明るく、さらに低消費電力であるという特性を持っています。

しかし、MicroLEDはOLEDよりもはるかに実現が難しい技術であり、Appleは1年ほど前にもMicroLED開発のための別のプロジェクトをスタートしていたものの、プロジェクトはほとんど失敗に終わったとのこと。しかし、それから技術的な進歩などがあったため、再びAppleがMicroLEDの開発に本腰を入れ始めたというのがBloombergが得た情報というわけです。

これまでにもAppleは「イマジネーション・テクノロジーズとのライセンス契約を2年以内に終了し、独自GPUを開発する」と発表して独自でGPUを開発する方針であることを明かすなど、主要コンポーネントを独自に設計・開発する方針を採ってきた過去があります。

なお、Appleから見捨てられるかたちとなったGPUメーカーの「Imagination Technologies」は身売りする羽目になっています。

Appleに見捨てられたGPUメーカー「Imagination Technologies」がついに身売りへ - GIGAZINE


記事作成時点でAppleにモバイル端末向けのディスプレイを供給しているのは、Samsung・ジャパンディスプレイ・シャープ・LGなどです。Appleが独自開発のディスプレイを自社製品に使用することとなれば、これらのディスプレイ供給メーカーだけでなく、スクリーン用のチップを供給しているシナプティクスにいたるまで、幅広いサプライヤーが影響を受ける可能性があるとBloombergは指摘しています。

「Appleが独自にディスプレイを開発中である」という報道が出てから、ユニバーサル・ディスプレイの株価は16%も下落しています。ユニバーサル・ディスプレイはOLEDに関する主要な特許を所有する企業で、投資家がAppleのMicroLED技術がユニバーサル・ディスプレイのOLEDの代わりになると考えたことが株価の下落を招いたのだろうとBloomberg。

同時に、Apple向けにスクリーンドライバコンポーネントを供給しているシナプティクスの株価は4.4%、シャープの株価は3.4%、サムスンの株価は1.4%下落したそうです。


なお、DisplayMate Technologiesを運営するRay Soneira氏は、AppleがMicroLED技術の開発に取り組むことについて「ゴールデンチャンスだ」「誰もが液晶やOLEDを購入することができますが、Appleは独自のMicroLEDを所有できるようになる可能性を秘めています」と語っています。

しかし、MicroLEDの実現は簡単ではなく、量産には新しい製造設備が必要になります。そして、MicroLEDが量産できるようになった頃には他の技術に取って代わられてしまう可能性も否定できません。克服不可能なハードルに遭遇したAppleが、MicroLEDの開発を放棄してしまう可能性もあります。一方で、AppleはMicroLEDの生産をアウトソーシングすることで、リスクを最小限に抑えることもできます。カリフォルニアの施設はディスプレイを量産するには規模が小さすぎるものですが、独自の技術を開発する際に可能な限りパートナー企業を遠ざけたいというAppleの思惑から、この施設で開発が進められているものと思われるとBloomberg。

Bloombergに情報をリークした人物によると、MicroLEDの開発プロジェクトはコードネーム「T159」と呼ばれており、iPhoneやiPad向けのタッチスクリーン開発を手がけたベテランエンジニアのLynn Youngs氏が監督しているとのこと。設計・開発が行われているのはカリフォルニア州にある6万2000平方フィート(約5800平方メートル)の施設で、Appleの新オフィスから自動車で15分ほどの場所にあるそうです。この施設では約300人のエンジニアがMicroLEDの設計・開発に携わっているとのこと。

また、2017年後半にはApple Watch向けのMicroLEDの開発に成功しており、Appleが最初にリリースする「MicroLED搭載端末」はApple Watchになるものと予測されています。ただし、MicroLED採用のApple Watchが正式にリリースされるにはまだ数年以上かかる可能性もあるそうです。MicroLEDを採用したApple Watchのプロトタイプは完全に機能するものではなく、スクリーン部分が外部のコンピューターボードにつながれている状態となっていますが、MicroLEDディスプレイは既存のOLEDよりもはるかに明るく、より繊細に色を制御可能だそうです。

なお、MicroLED技術は「少なくとも3~5年以内にiPhoneに採用されるということは考えにくい」とのこと。OLEDが採用されたApple Watchが登場したのは2014年で、OLEDが採用された初のiPhoneである「iPhone X」が2017年に発売されたことを考えれば、少なくとも3年ほどの期間が必要になるのでは、とBloombergは見解を示しています。

・関連記事
なぜAppleはSamsungなしでは生きていけないのか? - GIGAZINE

Appleが着々とチップ開発力を増強中、Intelは大口顧客を失う可能性大 - GIGAZINE

iPhone Xの販売不振からSamsungが有機ELディスプレイの生産数を縮小と報じられる - GIGAZINE

Appleに見捨てられたGPUメーカー「Imagination Technologies」がついに身売りへ - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by logu_ii