×
ハードウェア

AppleがiPhone・iPadなどのGPUで現在ライセンス契約を結んでいるImagination Technologiesと決裂、2年後までに独自GPU搭載開始か

by Yagan Kiely

プロセッサなどを作っているImagination Technologies(イマジネーション・テクノロジーズ)が、1年3カ月~2年後までにAppleへのGPUの提供を中止することになると発表しました。

Discussions with Apple regarding license agreement - Imagination Technologies
https://www.imgtec.com/news/press-release/discussions-with-apple-regarding-license-agreement/


長年にわたって、AppleはImagination Technologiesとライセンス契約を結び、iPhone・iPadなどに搭載されているSoCにImagination製GPUを使用してきました。

新型iPhoneはAR・VRの性能を向上させる新型GPU「PowerVR Furian」を搭載する可能性 - GIGAZINE


しかし、Imaginationによると、Appleは自社製品を制御するため独自のGPU設計を進めていて、今後、Imagination製品への依存度を減らしていくと主張しているとのこと。

Appleは「独自のGPU設計」を、Imaginationの特許や知的財産を侵害することなく作れるものであると主張していますが、Imaginationでは「我が社の知的所有権を侵害することなく、一からGPUアーキテクチャを作るというのは、極めて挑戦的なことだ」と冷ややかな態度を見せています。

今のところ、Imaginationでは権利の主張については「保留」の姿勢。さらなる発表はそのうちに行う予定だとのことです。

・関連記事
AMDがTitan Xを上回る性能のVegaアーキテクチャ採用GPU「Radeon Instinct MI25」を発表、機械学習がターゲット - GIGAZINE

ライバル関係にあるIntelとAMDが結ぶライセンス契約の理由と意味とは? - GIGAZINE

DirectX 12の異種混合GPU「EMA」でGeForceとRadeonをハイブリッドすると意外な結果に - GIGAZINE

AMDの新GPUアーキテクチャ「Polaris」やGPU開発展望を開発責任者が解説 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by logc_nt