×
メモ

シリコンバレーのセックス・パーティーは許しがたい「バッドデザイン」であるという指摘

by EmilySalazar

シリコンバレーで行われたセックス・パーティーで、権力を持つ男性側が十分な同意を得ずに女性と性行為に至ったという内容が記事にされました。エクスペリエンス・デザイナーのIda C. Benedetto氏は、「セックス・パーティー自体は悪いものではない」としつつも、「シリコンバレーのセックス・パーティーは許しがたいバッドデザインである」とその問題点を指摘しています。

Silicon Valley sex parties could be better designed — Quartz
https://qz.com/1226866/silicon-valley-sex-parties-could-be-better-designed/

Uberのエンジニアだったスーザン・ファウラー氏が2017年2月に同社の女性差別やハラスメントについて言及したことを皮切りとして、シリコンバレーの抱える問題が次々と浮き彫りになり、有名な投資家やCEOが辞職することになりました。ベンチャーキャピタリストのスティーブ・ジュルベットソン氏もその1人ですが、2018年1月、Vanity Fairがジュルベットソン氏が自宅でセックス・パーティーを行っていたという内容を報じました。

“Oh My God, This Is So F---ed Up”: Inside Silicon Valley’s Secretive, Orgiastic Dark Side | Vanity Fair
https://www.vanityfair.com/news/2018/01/brotopia-silicon-valley-secretive-orgiastic-inner-sanctum

by Anna Sastre

パーティーに参加した男性は投資家や有名な企業家、経営幹部などで、一方で女性は経歴や年収を問われなかったとのこと。男性と女性の割合は1:2なので、男性は女性を選ぶだけの余裕があったと語られています。パーティーではMDMAが用いられ、MDMAを服用してハイになった人は2人組あるいは3人組になって個室に消えていくか、あるいはその場で行為をはじめました。翌日は朝食を終えるとすぐに性行為に戻る人もいたそうです。パーティーについて「食事・ドラッグ・セックスが繰り返された」とVanity Fairは記しています。



しかし、後にこのパーティーに参加したことを明かしたイーロン・マスク氏は、「コスチュームがテーマの企業パーティーであり、セックス・パーティーには見えなかった」と語りました。

一方、記事を書いたジャーナリストのEmily Chang氏によると、このパーティーでは、男性が女性に対して権力を乱用する場面があったとのこと。Chang氏が話を聞いた女性はキャリアのためにパーティーに参加する必要性を感じたと語っており、ドラッグや圧力から同意があいまいなまま行為に至ったとしています。

このようなセックス・パーティーはパワープレイをうまく利用したものではあるものの、「よくデザインされた」セックス・パーティーとは言えない、とエクスペリエンス・デザイナーのIda C. Benedetto氏は語っています。

「人間を変える社会体験」について探求すべく、セックス・パーティー、荒野の旅、葬儀などを比較していたというBenedetto氏によると、このような体験デザインは、「自分自身をリスクにさらすこと」「グループが自分自身をコントロールできること」が重要になってくるとのこと。セックス・パーティーであれ、祖父の葬儀であれ、優れた体験のプロセスには「きわどさ」「激励」「情け深さ」が存在するといいます。

よくデザインされたセックス・パーティーは「参加者の性的な望み」と、「他者とどのようにコミュニケーションを取りたいか」という点を考慮して構成されます。このようなパーティーは性的に成熟した参加者にとってゲームチェンジャーとなりえますが、悪いデザインのセックス・パーティーに参加すると人は「強制された」と感じたり、参加した翌日にひどく後悔することになります。そして、優れたデザインのセックス・パーティーでは「他者とつながりたい」という望みを抱きながらも、失望や拒絶といった社会的リスクと向き合うことが肝心だといいます。

しかし、Chang氏が記したシリコンバレーのパーティーでは、参加者によって社会的リスクに差があります。このような場合、全ての人が等しくリスクを取り去られるか、あるいはパーティーが日常世界に影響しないよう一部の人に権力を与えない限り、「強制」や「権力乱用」が生まれてしまうとのこと。Benedetto氏は経験から、よいパーティーは強制を必要とせず、節度を保ったのぞき見は許可され、その場合に人々はオープンな場所で行為をするため見る側が相手のパーソナルスペースを侵害してしまうことはないと語っています。このような特徴が、シリコンバレーのパーティーには見られません。

by Beo Beyond

また、しっかりと管理されたパーティーは事前にメールで合意書が送られたり、入り口でオリエンテーションが行われます。個室の周囲にはすぐにコンドームを手渡せる状態の監視者が歩き回っており、少しでも不安を感じたら助けを求められる人がいると参加者に知らされます。

投資家や企業家のような「社会的にも金銭的にも力を持った人間」は、孤独なティーンエイジャーの夢ですが、実際に力を持ったからといって社会的な優雅さや対人スキルを無視していいことにはなりません。よくデザインされたセックス・パーティーは、本来であればそのシステムが権力の乱用を助長するのではなく、対人をサポートするもの。定められたルールによって参加者は自分の望みをコントロールしながら周りの人々に望みを聞き、それを尊重することが可能になります。もし自分の行動が一線を越えてしまったら、周囲からあざけられるのではなく、敬意を持った協力的な行動で正されるとのこと。

本来ならばパーティーに参加した女性は、どのようにパーティーが機能していて、どこから退出できるかを尋ねることができ、敬意をもって言葉で男性を断ることができるべきでした。しかし、シリコンバレーのパーティーでは、ドラッグの使用によってそのプロセスを省いてしまったのが大きな問題と言えます。セックス・パーティーそのものは否定されるべきものではありませんが、社会に影響を及ぼすテクノロジーをデザインするシリコンバレーで働く人々がこのような行為を行ったことは、決して許されるべきではないとBenedetto氏は述べています。

・関連記事
「シリコンバレーが世の終末を引き起こす」ことを「楽観主義者」のビル・ゲイツさえ危惧している - GIGAZINE

シリコンバレーにはびこる詐欺まがいのスタートアップの実態 - GIGAZINE

シリコンバレーで働く技術者が見たスイスの就労環境の素晴らしさとは? - GIGAZINE

スタートアップの成長をコメディタッチで描く爆笑ドラマ「シリコンバレー」が本物のIT業界をも釘付けにする14の理由 - GIGAZINE

シリコンバレーが世界最高のIT産業の集積地となるまでの知られざる歴史 - GIGAZINE

Google・Appleなどの本社を回れる「シリコンバレーIT企業ツアー」に行ってきました - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa