取材

ヘルシング「アーカード」&トライガン「ヴァッシュ・ザ・スタンピード」がとんでもないクオリティで立体化


ワンフェス2018[冬]Figurama Collectorsにて、ヘルシングの「アーカード」の実物が展示されていました。

ブースに到着、ものすごく目立っています


素材はポリストーンで彩色済み。限定生産品となっており、200体限定(公式Facebookの投稿により詳細な説明あり)。原型制作はJesse Sandifer。


すさまじい大きさ


人間と比べると高さはこんな感じで67cm


頭部は差し替え可能、価格は日本円で9万1845円


ものすごく凝った造形


正面に近いところから。


原作のあの感じをうまく再現


足元も非常によくできています


レベル高すぎ


また、トライガンの「ヴァッシュ・ザ・スタンピード」のワンフェス会場限定バージョンも。


サイズは1/4スケールで高さ60cmという大きさ。


素材はポリストーンで彩色済み。限定生産品となっており、全世界200体限定。


造形はDavid Giraud。価格は日本円で8万2104円。


逆サイドから見てもめちゃくちゃカッコイイポーズ。


レア限定スペシャルエディションの要素はこの2つ


WANTEDポスターはこんな感じです


足元まで徹底的にいろいろな要素を入れており、さすがのクオリティとなっています

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2018[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

ついに「ドリフターズ」の「島津豊久」が立体化して2012年秋に登場予定 - GIGAZINE

「ひみつ 暴れるのやめたら教えてやるよ」ヴァッシュ・ザ・スタンピードが疲弊の黒に染まった限定版が原作者完全監修で登場 - GIGAZINE

広江礼威×平野耕太の異色すぎる水戸黄門も、「コみケッとスペシャル5 in 水戸」のコラボグッズ紹介 - GIGAZINE

in 取材,   マンガ,   アニメ, Posted by darkhorse