ソフトウェア

ゼロから始めるiOSアプリ開発「ライブラリを使用して開発を効率よく進めよう」


世の中にはたくさんの開発者がいて、それぞれ違うプログラムを書いています。しかし、全体を見れば違うプログラムでも、部分的には他の人と同じような処理を書いていたということは多々あるもの。既に誰かが書き上げたコードを四苦八苦して再び編み出すという「車輪の再発明」を防ぐために「ライブラリ」という仕組みが存在します。ライブラリとは「特定の処理を再利用できるようにまとめたもの」です。今回はXcodeのプロジェクトにライブラリを導入する方法を解説します。

プロジェクトにライブラリを導入するためのツールの代表的なものとして「CocoaPods」と「Carthage」が存在しますが、今回は「CocoaPods」を使用します。

CocoaPods.org
https://cocoapods.org/

なお、この「ゼロから始めるiOSアプリ開発」は前提知識ゼロからiOSアプリを開発するという企画で、「コードを書かずにアプリを作ってみる」という第1回の記事は以下のリンクよりアクセスできます。

ゼロから始めるiOSアプリ開発「ボタンで画面を切り替えるアプリ」 - GIGAZINE


まずはCocoaPodsを導入していきます。デスクトップ画面下のDockから「Launchpad」を開いて……


そのまま「term」と入力すると「ターミナル」が表示されるのでreturnキーを押して起動します。


ターミナルが開いたら

sudo gem install cocoapods

と入力し、続いてMacのログインパスワードを入力します。


pod --version

と入力すると「1.4.0」と表示され、CocoaPodsがインストールされたことが確認できます。


cd [プロジェクトフォルダ]

と入力してXcodeのプロジェクトである「○○.xcodeproj」が保存されているフォルダへ移動します。今回は「desktop/git/tableview」と入力。移動すると左端の「~」マークがフォルダの名前に変わります。続いて

pod init

と入力してCocoaPodsの設定を記載するファイルである「Podfile」を生成します。フォルダに含まれているファイルを確認するためのコマンド「ls」を入力すると「Podfile」が生成されているのが確認できます。


「Finder」を開いてプロジェクトフォルダに移動し、「Podfile」を開きます。ターミナルは後でまた使用するので開いたままにしておきます。


既にテンプレートが記入されているので、これを変更していきます。


Podfileに記入する内容はライブラリのページに記載されています。今回は試しに「RAMPaperSwitch」というライブラリを導入してみます。


まず、2行目の最初の文字「#」を削除し、プラットフォームをiOSのバージョン11.0以上に限定します。次にやや下にある「# Pods for [プロジェクト名]」の下に、

pod '[ライブラリ名]'

と入力します。


ターミナルに戻り、

pod install

と入力してライブラリをインストールします。初回はCocoaPodsのセットアップが入るので10分程かかります。


インストールが終わるとプロジェクトフォルダに「○○.xcworkspace」というファイルが生成されます。ライブラリを使用するにはこの「xcworkspace」ファイルを使う必要があります。ダブルクリックして開くと……


プロジェクトに含まれるファイルに「Pods」という項目が増えているのが確認できます。XcodeがCocoaPods関連のファイルをきちんと認識できるように、一度「Command+B」を同時押ししてビルドします。


今回導入したライブラリ「RAMPaperSwitch」が使用できるようになりました。ライブラリをどのように使用するかはライブラリごとに異なるので、導入したライブラリのページで確認してください。


ライブラリの機能は千差万別です。「iOSライブラリをまとめてるサイトのまとめ - Qiita」などを通じて、どのようなライブラリがあるのかを眺め、「自分がやりたかったのはコレだ」と思える機能を持ったライブラリがあれば導入してみてください。

・関連記事
「ループ」「パッチ」「ライブラリ」「バグ」などは伝説的システム「Harvard Mark I」に由来する - GIGAZINE

CDNの共通ライブラリファイルをローカルに保存してセキュリティ&閲覧速度を高めるFirefoxアドオン「Decentraleyes」 - GIGAZINE

Appleがサードパーティー向けに暗号ライブラリ「Cryptographic Libraries」を公開、よりセキュアな環境構築を促す - GIGAZINE

「なんだこの糞コードは!(怒)」「書いた奴出てこい!(怒)」と言いたくなるほどヒドいプログラムのソースコードを集めた「ウンコード・マニア」 - GIGAZINE

オンラインで自作の教材を売って大金持ちになる教師と、それについて是非を問う議論 - GIGAZINE

in レビュー,   モバイル,   ソフトウェア, Posted by log1d_ts