Googleマップが中国で8年ぶりに提供再開されたことが判明

By bfishadow

中国で2010年から提供が途絶えていたGoogleマップが再開されたことが明らかになりました。

Google brings map service back to China- Nikkei Asian Review
https://asia.nikkei.com/Business/Companies/Google-brings-map-service-back-to-China

Google Maps returns to China after eight-year absence [Update]
http://www.androidpolice.com/2018/01/15/google-maps-returns-china-eight-year-absence/

Googleマップのサービス提供再開が明らかになったのは2018年1月15日のことで、Nikkei Asian Reviewが報じています。中国当局は、中国国内からGoogleマップを含むGoogleのサービスへの接続を2010年に遮断しており、今回の措置により約8年ぶりにGoogleマップが中国で使えるようになりました。

この背景には、世界トップクラスの市場の一つである中国でサービスを提供したいGoogleの思惑と、最新技術の獲得や対外開放のアピールを目指す中国の思惑が一致したことが背景にあるとみられています。特に、Googleと中国政府が共通に持つとみられている「AI(人工知能)分野の開発」という方向性が一致したものとみられています。Googleは2017年12月に、中国にAIの研究センターを設置することを発表しています。

By Guo Qi

なお、今回はGoogleマップが提供再開されましたが、15日時点ではGoogle検索やGmail、YouTubeなどのサービスは依然として利用できない状態が続いているとのこと。また、日本と同じようにスマートフォンのアプリでの利用ができるのはiOS端末だけになっており、Android端末ではGoogleマップアプリを利用できない状態になっていると報じられています。ただし、Googleでは近いうちにアプリをリリースする予定であるとのこと。

中国では、2010年からGoogleが提供するサービスが全般的に使えない状態が続いており、プライベートや仕事にかかわらずGoogleのサービスに依存していると中国を訪れた時に思わぬ不便さに遭遇してしまうことも。Googleマップ不在の間は、Baidu(百度)が提供する百度地图(Baiduマップ)などが広く使われていました。

Google(グーグル)が中国で使えない!の対処法 _ 中国IT情報局
https://jcvisa.info/how-to-use-google-or-similar-service-in-china

・関連記事
中国を含む各国版のGoogleで「天安門事件」を画像検索するとどうなるのか? - GIGAZINE

中国の砂漠地帯に謎の超巨大ネットワーク状の「何か」が出現 - GIGAZINE

サイトが中国政府の検閲対象かをチェックできる「Great Firewall of China」 - GIGAZINE

Google マップで「ぼかし」がかけられ隠されている場所いろいろ - GIGAZINE

Googleマップのぼかしを外してみる - GIGAZINE

in ウェブアプリ, Posted by logx_tm