×
動画

シベリアの淡水湖でうち寄せる波がそのまま凍り付く様子


ロシアのバイカル湖はユーラシア大陸最大の淡水湖で、冬期には氷厚が1メートルに達し自動車での移動が可能になります。寒さの厳しいシベリアにあるバイカル湖では、波そのものが凍ってしまう幻想的な光景が観察されています。

Waves From a Siberian Freshwater Lake Instantly Freeze Into Shards of Ice While Reaching the Shore
https://laughingsquid.com/waves-siberian-freshwater-lake-instantly-freeze-shards-ice-reaching-shore/

波が凍る様子は以下のムービーで撮影されてます。

Viral Video UK: Ice wave on Lake Baikal - YouTube


波を撮影する男性。


凍り付いて固まっている「波」


しかし、よく見ると波で氷が押し出されれるように動いています。漏れ出した水はすぐに凍ってしまい、つららのようにとがった氷がビキビキと音を立てながら波打ち際で広がっている模様。厳しい冬の始まりで、固まりつつある海岸線でとらえられた映像というわけです。


「シベリアの真珠」と呼ばれるバイカル湖は、地球温暖化の影響もあり、近年は水温が上昇し氷も薄く張る期間も短くなっているという指摘があります。

・関連記事
マイナス60度の中で立ったまま凍り付いているトナカイの写真 - GIGAZINE

寒すぎて力尽きたのか、走っている途中の姿のまま凍り付いてしまったコヨーテの写真 - GIGAZINE

南極のラーセンC棚氷から1兆トンもの氷の塊がついに分離、その影響とは? - GIGAZINE

あまりの寒さに凍り付いてしまった船 - GIGAZINE

3頭のシロクマとともに氷に乗って漂流した少年が2日後に救出される - GIGAZINE

ものすごい勢いで沈みそうになりながら荒波を乗り越えまくる巨大船ムービー - GIGAZINE

1600キロの漂流の末、群からはぐれたコウテイペンギンが無事海に帰還 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 動画, Posted by logv_to