カリスマ性には「人に嫌われているかどうか」は関係なし、莫大な影響力を持つカリスマになるためには何が必要か?

by Muhd Asyraaf

魅力的であることと、カリスマであることは職場において異なる影響力を発揮します。スティーブ・ジョブズのように人々に激しく嫌われつつもカリスマ性を持ち人々に影響を与えることは可能。では、カリスマ性を身につけるには何が重要なのか?ということがBBCによってまとめられています。

BBC - Capital - The art and science of being charismatic
http://www.bbc.com/capital/story/20171027-the-art-and-science-of-being-charismatic

これまでの研究で、カリスマとされる人は、メタファーや逸話を用い、表現力とボディーランゲージを併せることで、自信を表しながら伝えたいメッセージを感情ごと伝えることに成功することが分かっています。一方で、魅力的な人は一人一人とアイコンタクトを取り笑顔を見せ、相手に相手自身についての話をさせ、個人的な質問を行うことで「共感」の状態を作り出します。ここからわかるように、カリスマとされる人の特徴は、「相手と直接やりとりを行う必要がない」ことです。そのため遠くにいてもカリスマは人に影響を与えることができ、魅力的な人が人気者である一方で、カリスマは人気者である必要がありません。

by Allef Vinicius

The Charisma Myth」という本の著者であるOlivia Fox Cabane氏はスティーブ・ジョブズを例に出し、「何人かの従業員に嫌われていても驚くほどのカリスマ性を発揮することは」できると示しています。またCabane氏はカリスマについて、マリリン・モンローのような得がたい「スター力」のあるカリスマ、人々の注意を集め話を聞かせる「集中させる」カリスマ、ダライ・ラマ法王のような人々に学びを与える「優しさ」のカリスマなど、複数の種類があるとしています。

ローザンヌ大学のJohn Antonakis教授が行った(PDFファイル)2015年の研究では、カリスマ性のある人のスピーチを見ると、募金を促す通常のムービーを見るのに比べて、非正規雇用者が募金する額が17%増えると報告されています。ここで大切なのは「カリスマ的な振る舞い」であり、カリスマ的な振る舞いを身につければ、人は会社により多くのお金を集めることができ、TEDなどのムービーにおいてもより視聴数を伸ばすことが可能になります。Antonakis教授によると、カリスマ性は人の好みや選択に影響を与えるだけではなく、より積極的な「協力」を集めることもできるとのことです。

また、なぜカリスマ性のある人が協力を得られやすいのかの理由について、2016年の研究では、「カリスマ性のある人は同僚を喜んで助け、チームの将来についての関心を示し、契約上の義務を超えた献身を会社に対して示す」ということが明らかにされました。他方、ドイツのキューネロジスティクス大学のBjorn Michaelis教授は、カリスマ性のある人は組織おいて個人的なリスクを取ることで、従業員に対して「高潔さ」や「新しいアイデアを生み出すこと」といった能力を示すとしています。Facebookのマーク・ザッカーバーグ氏が年1ドルの給料で働いていることが、この行動に当たります。

by Rémi Walle

ではカリスマ性とは先天的なものであり、身につけることができないのか?というと、そうではありません。(PDFファイル)2011年に発表された研究では、Antonakis教授がドイツに企業の管理職やMBAの生徒に「カリスマリーダー戦略」と呼ばれる訓練を行いました。このカリスマリーダー戦略ではメタファーや逸話、反語的疑問など、9つの言語的な手法を学ぶことで、話者が道徳的信念を示し、ターゲットとなる聞き手と感情を共有し、聞き手が話者に対して大きな期待を抱くようにします。実際に、カリスマリーダー戦略を身につけた管理職はライバルに比べて信頼度が高く、他人に対して影響を与えることができたとのこと。また、MBAの生徒もカリスマリーダー戦略をとることで、よりカリスマ的評価が高いスピーチが行えるようになったそうです。

上記のようなカリスマの素質を備えた話者の一人として、イギリス第71代首相のマーガレット・サッチャーが挙げられます。

例えば、1980年のサッチャーの名演説「the Lady's not for turning」にはメタファー、反語的疑問、逸話、コントラスト、リスト、大きな目標に対する言及など、「カリスマリーダー戦略」に含まれる話法がふんだんに使われています。

Margaret Thatcher 'the Lady's not for turning' - YouTube


もちろん、言葉の使い方だけではなく、ボディーランゲージ、表情、声のトーンなども話者の感情を示す要素となり、これらがメッセージとマッチすることで、伝えるべきことを伝えられるようになります。「伝える必要があるのは、あなたの言葉を表す適切な感情です。あなたが信頼に値する人物のように見えることで、人々はあなたを信頼します」とAntonakis教授。

一方、こういったことができていないため、カリスマ的に見えないのがヒラリー・クリントン氏。Antonakis教授は「夫のビル・クリントンに比べてヒラリーは少し冷淡です。ビルからは伝わってきた伝統的なイメージや温かみが伝わってきません」と語っており、ヒラリー氏のジェスチャーや表情、声のトーンが相手に「台本通り」という印象を与え、メッセージを感情的に強化できていないことを指摘しています。

Cabane氏によると、カリスマにはさまざまな種類があるものの、「燃えている場所から人々を避難させる時」のような、「自分の命令に従わせる」時には「権威的カリスマ」が有用とのこと。権威的カリスマを身につけるには自尊心を向上させる必要があるため、Cabane氏はよくクライアントを武道のクラスに送り込むそうです。「ライバルをテリトリーから追い出す大きなゴリラのように立っていることは、実によく機能します」とCabane氏。

by rawpixel.com

また、Cabane氏はスティーブ・ジョブズについて「空想的なカリスマ」と説明します。「1984年に行われた彼の最初のプレゼンを見ると、あなたはジョブズを『ナード』だと思うでしょう。彼はプロダクトそのものに依存し、存在感も力も示しません。温かみもありません」「しかし2000年代に入ると、徐々にジョブズはカリスマの要素を身につけていきます。彼はまず存在感を示し、オーディエンスを見て、プロダクトよりもオーディエンスに集中します。次に、彼は『力』について学び、ステージ作りに取り掛かりだし、声によって印象づけるようになります」とCabane氏は語りました。

そして、「死」によっても人はカリスマ性を得ることしばしばあると2016年の研究で示されています。この研究で被験者はある細菌のワクチンを作った研究者についての物語を読んだのですが、「研究者はワクチンのもととなる細菌が原因で死んだ」という部分を強調したとき、人々は研究者をより「カリスマ的」だと評価したとのこと。ただし、もちろんこれは推奨される方法ではないので、言葉の使い方やジェスチャー、表情などでカリスマ性を身につける方が現実的といえます。

・関連記事
「カリスマ性を持った人」の3つの要素と身につけるための実践的方法 - GIGAZINE

知り合ったばかりの相手とすぐに信頼関係を築く10の会話テクニック - GIGAZINE

恐怖に打ち勝つために自問すべき6つの質問 - GIGAZINE

若い頃に知っていれば良かったのにと感じるとても大切な20のこと - GIGAZINE

優秀なチームを作るための新しいアイデアとは? - GIGAZINE

優れたリーダーになるためには絶対にスティーブ・ジョブズを模倣してはいけない - GIGAZINE

122

in メモ, Posted by logq_fa