ネットサービス

「完全な匿名性」を標榜するドメイン登録サービス「Njalla」開始

by florian kuhlmann

ドメインの登録者・所有者情報は開示が義務づけられていますが、ドメイン登録代行会社による情報代理公開サービスを利用している人も多々います。しかし、このサービスでは本当の意味での匿名性は得られていないとして、「完全な匿名性」を与えるというドメイン登録サービス「Njalla」が動き始めました。

Njalla — A privacy aware domain registration service
https://njal.la/


Pirate Bay Founder Launches Anonymous Domain Registration Service - TorrentFreak
https://torrentfreak.com/pirate-bay-founder-launches-anonymous-domain-registration-service-170419/


Njallaを作ったのはコンテンツのインデックスサイトとして知られる「Tha Pirate Bay」の共同創業者・Peter Sunde氏。

ドメインを誰が所有しているのかを示す「Whois」情報は、インターネット資源の管理や安定運用を行う非営利団体ICANNによって開示が義務づけられています。しかし、ドメイン登録代行会社が実際の所有者に代わって会社の情報を代理公開するサービスを行っているため、これを利用している人も多々います。

このため、「匿名のドメイン登録サービス」というNjallaの立ち位置は新しいものではありませんが、Njallaが他のサービスと異なっている点は「ユーザーがドメイン名を購入する」のではなく「Njallaがドメインを購入してユーザーにはそのドメインの完全な使用権が与えられる」という点です。

Sunde氏は「Whois情報代理公開」は本当の匿名性を提供できていないと考えており、人々が個人情報を公開されることなくドメインを登録できなければならないと考えて、このサービスを始めたとのことです。

・関連記事
海賊サイトとの関連を理由に警察が複数のプロキシサイトの閉鎖を進行中 - GIGAZINE

デジタルデータから物体を生み出すコピー新時代が本格的に到来するのか、「The Pirate Bay」が立体物ジャンルを開始 - GIGAZINE

「プライバシーを最大限に守る」として反著作権団体がプロバイダを立ち上げへ - GIGAZINE

著作権侵害ファイルを全部消さないと毎日1ユーザーごとに約70万円の罰金を課す判決が約2200万人の利用者を持つサイトに下る - GIGAZINE

無料かつ無検閲でZIPやRARを含む140種類のファイルを100MBまでアップロードできる「bayimg」 - GIGAZINE

アイスランド総選挙で第3党に躍進してきた「海賊党」とは? - GIGAZINE

アメリカが実質支配していたインターネットが非営利団体の管理下へ - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logc_nt