ハードウェア

GoogleのOculus対抗VRヘッドセットの開発が頓挫、「AR対応VRヘッドセット」「モバイルVR」の開発に移行か?


Googleは2016年6月のGoogle I/O 2016VRプラットフォーム「Daydream」を発表し、Oculus RiftなどのハイエンドVRヘッドセットの対抗機を開発中であると発表しましたが、ハイエンドVRヘッドセットの開発プロジェクトが頓挫していることが報じられました。

Google had an Oculus competitor in the works — but it nixed the project - Recode
http://www.recode.net/2016/7/15/12201032/google-virtual-reality-oculus-headset


Google is still working on a standalone headset
https://www.engadget.com/2016/07/16/google-mixed-virtual-reality-headset/


Googleは極上のVR体験を可能にするVRプラットフォームの「Daydream」と、ハイエンドVRヘッドセット「Daydream-Ready」を開発しており、Android NにこれらのVR機能を動作させる「VRモード」を搭載すると発表していました。Oculus RiftやHTC Viveの競合機となる予定でしたが、この開発プロジェクトが閉鎖済みであるという情報をニュースサイト・Recodeがある情報筋から得たとのこと。


一方で、GoogleはVR開発を完全に諦めたわけではなく、Daydreamに割り振っていたリソースをモバイルVRシステムの開発プロジェクトに移行させたと言われています。また、別の情報筋によると、Googleから独立した「X(Google X)」も、50人規模でAndroidとは異なるOSで動作するVRシステムの開発プロジェクトを始動しているとのこと。

Engadgetが匿名の情報筋から得た情報によると、GoogleはDaydream-Readyとは異なるハイエンドVRヘッドセットを開発中とも言われています。これはOculus RiftやHTC Viveとは異なり、スマートフォンやPCなしで動作するスタンドアロン型のVRヘッドセットとのこと。さらにVRだけでなくARの機能を持つヘッドセットになる可能性もあるそうです。Googleのスタンドアロン型VRヘッドセットは2月にウォール・ストリート・ジャーナルが報じたこともあります。さまざまな情報が錯綜しており、主軸となるVRプロジェクトはどこになるのか不明な状態で、Googleからの正式な発表が期待されます。

・関連記事
Googleがスマホ向けVRヘッドセット「Daydream View」を発表、ハリポタ新作のVRコンテンツもあり - GIGAZINE

スマホでのVR体験を極上にするGoogleの「Daydream」とは?そしてVR対応スマホも - GIGAZINE

単体動作可能でVRとARの両方に対応したハイスペックヘッドセット「Sulon Q」発表&現実からデジタル世界にシームレスに引き込まれる驚愕のデモムービー - GIGAZINE

世界で初めてGoogleの空間認識技術「Tango」に対応したスマートフォン「Phab 2 Pro」が登場 - GIGAZINE

Googleの空間認識技術「Tango」を搭載する初のスマホ「Lenovo PHAB2 Pro」によるAR体験はこんな感じになる - GIGAZINE

MicrosoftのARヘッドセット「HoloLens」の開発者バージョンの登場で「複合現実」の使用感が明らかに - GIGAZINE

TwitterがAR・VR分野を強化すべく元Appleのデザイナーを雇用 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log