ムービー

バンドの演奏に乗って踊り、ガラスを叩く来場客を叱り飛ばす白イルカ「Juno」


アメリカのコネチカット州にあるミスティック水族館で行われた結婚式で、セレモニーに呼ばれたマリアッチバンドの奏でる音楽に、水族館の白イルカ「Juno」が興味を示し、バンドの演奏に乗って踊っている姿が見られました。

Juno the dancing whale steals the limelight at Mystic Aquarium wedding | Mail Online

下のムービーでは、Junoがバンドの演奏に合わせて頭を上下に振りながら、演奏に聴き入る様子を見ることができます。

‪Mariachi Connecticut Serenades a Beluga Whale‬‏ - YouTube


Junoは1200ポンド(約544kg)の大きな白イルカ。バンドの演奏に耳を傾けているように見えます。


バンドの演奏に合わせてしきりに頭を上下させています。


頭を水槽のガラスにぺったり張りつけて演奏に熱中するJuno。


バンドのギタリストであるEduardo Rocha氏は「彼のことは知らなかったけど、この時から僕らは友達になった。きっとこの日彼は機嫌が良かったんだと思う。水槽は上部が開いていて、彼は水槽の内側、僕らは外側にいたけれど、彼にはバンドの演奏がちゃんと聞こえていたんだと思う」と語っており、学生時代に海洋生物学を学んでいたことから、このイルカの珍しい行動に、「自分のルーツに戻ったような気がする」とも語っています。


水族館のスタッフはこれに対し「イルカは飼育員の腕の動きに合わせて動くように訓練されているから、バンドの手の動きに反応しただけだと思う」と、Rocha氏の熱い想いにものすごく水を差すようなコメントをしていますが、水族館のサイトにはちゃっかりこのムービーを置いています。


またこのJunoは、機嫌が悪い時にガラスを叩く来場客を叱りつけることでも知られており、下のムービーでは、かなり本気で怒っているらしいJunoの姿を見ることができます。

‪Aggressive Beluga Whale Juno at Mystic Aquarium‬‏ - YouTube


水族館では今回のパフォーマンスでJunoの人気が沸騰することを狙ったらしく、JunoのTwitterアカウントが作られていますが、8月5日時点でまだ2回しかツイートされておらず、フォロワーもまだ60人程度しかいません。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
デスクトップが涼しげになる、爽やかなイルカの壁紙30枚 - GIGAZINE

イルカと会話するための翻訳機を鋭意開発中、今年中に野生のイルカたちを対象とした実験も - GIGAZINE

すばらしく知性が高いことが一発でわかるイルカの漁のムービー - GIGAZINE

イルカの出産を鮮明にとらえた貴重な写真 - GIGAZINE

in 生き物,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.