レビュー

世界で最も明るい「NOVAディスプレイ」搭載の「Optimus bright L-07C」速攻フォトレビュー


本日行われているNTTドコモの2011年夏モデル発表会において、世界最高輝度のIPS液晶「NOVAディスプレイ」を搭載したAndroidスマートフォン「Optimus bright L-07C」が発表されたので、フォトレビューをお届けします。

ディスプレイは携帯電話の中でもバッテリーを非常に多く消費する部分であるため、多くの人は明るさを抑えて使っていると思われますが、かつて他社と比較して圧倒的に明るいディスプレイと「爆音」と呼べる大音量スピーカーを搭載したNECのmova端末「N50x」シリーズが多大な人気を集めていたことを考えると、需要は決して少なくないのかもしれません。

詳細は以下から。
「Optimus bright L-07C」の概要。


これが「Optimus bright L-07C」本体。


斜めから見てもクリアに見える世界最高輝度の約4.0インチワイドVGA(800×480)IPS液晶「NOVAディスプレイ」や1GHz駆動のCPU「OMAP3630」、テザリング機能を搭載。


ブラックモデル


背面。


HD動画撮影に対応した510万画素カメラを搭載。


バッテリー容量は1500mAh。


左側面


右側面


上部にはイヤホンジャック、microUSB端子、電源ボタンがあります。


底部


着せ替えカバーが付属しており、その日の気分に合わせて付け替える事も可能。発売時期は2011年6月中旬を予定しています。


2011夏モデルの主な特長 | 製品 | NTTドコモ


◆次の記事
世界で最も明るいスマートフォン「Optimus bright L-07C」ムービーレビュー - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ソニーが日本市場向けスマートフォン「Xperia acro」を正式発表、新型「Xperia mini」と「Xperia mini pro」も - GIGAZINE

NTTドコモが「LYNX 3D(SH-03C)」「REGZA Phone(T-01C)」のAndroid 2.2アップデートを実施へ - GIGAZINE

シャープが最新スマートフォン「AQUOS PHONE SH-12C」を電撃発表、3Dカメラと3D液晶を搭載 - GIGAZINE

NTTドコモがTwitterと提携、携帯電話をタッチするだけで相互フォローやアプリのプリインストールも - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in レビュー,   取材,   モバイル, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.