ハードウェア

8000円割れ目前か、2TBモデルのHDDがじわじわと値下がりを続ける


7月に2TBモデルのHDDが9000円を割り込む価格にまで値下がりしたことをお伝えしましたが、いよいよ8000円割れが見えてきたことが明らかになりました。

在庫状況などによって価格がある程度反発する可能性も十分に考えられるものの、値下がり傾向が続いていることに変わりはないようです。

詳細は以下から。
価格.com - WESTERN DIGITAL WD20EARS (2TB SATA300) 価格比較

大手価格比較サイト「価格.com」によると、2TBモデルHDDの中で最も安価となる、64MBキャッシュを搭載したWestern Digital製HDD「WD20EARS」が2010年9月22日23:43現在、8268円で販売されています。

価格変動履歴はこんな感じ。7月下旬の段階で9000円を割っていましたが、じわじわと値下がりは続き、8000円割れが見え始めています。


なお、Samsungの「HD204UI」やSeagateの「ST32000542AS」といった、各社の2TBモデルについても9000円を割り込む価格となっています。

さすがに底値にさしかかりつつあると思われるため、価格の変動が小幅ですが、やはり値下がりの背景には夏ごろから続く円高の影響もあるのでしょうか。

・関連記事
3TBのHDDが年内に登場か、現在開発中であることが明らかに - GIGAZINE

サンディスクが10年以上使える新型高速SSD「G4」などを正式発表、HDDと交換可能 - GIGAZINE

「テラバイト級の光ディスク」を実現へ、ソニーなどが世界初の青紫色超短パルス半導体レーザーを開発 - GIGAZINE

「RAIDを過信してはいけない」、データのバックアップやRAID復旧についてHDDのプロに聞いてみた - GIGAZINE

「忘れ去るHDD」が登場へ、東芝がHDDを機器から取り外すだけで瞬時にデータを無効化する技術を開発 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log