メモ

日本のポルノ消費量は世界第3位、ものすごい規模で成長するオンラインポルノ業界をグラフで見る

by Fredo in (((Stereo)))

インターネットポルノ産業はいつでもどこでも誰でも見ることができるという手軽さからあっという間に成長してしまい、オンラインポルノサイト「YouPorn」が伝統的なポルノビデオ販売業に大打撃を与えるなどということも起こっていますが、そんな超巨大新興産業に関する数字を色々と集めてみました。

詳細は以下。
The Stats on Internet Pornography - Online MBA



ウェブ上の全サイトのうち2千464万4千172サイトがポルノ。これは全体の12%にあたります。


毎秒3075ドル64セント(約28万円)分、2万8千258人がポルノを鑑賞しています。


アメリカでは4千万人がポルノサイトを日常的に閲覧しており3人に1人は女性。18歳から24歳の男性のうち7割は月に少なくとも1回ポルノサイトを見ています。


アメリカのオンラインポルノ産業は28億ドル(2600億円)、世界全体では49億ドル(4500億円)を稼ぐ超巨大産業となっています。


1日にやりとりされる全Eメールの8%、実に25億通がポルノを含む物。


検索エンジンンで一日に行なわれるサーチの25%、6800万件はポルノ画像関係。


件数ベースなのか容量ベースなのかは判別できませんが、全ダウンロードのうち35%はポルノ関連。


ポルノ画像検索クエリのトップは「セックス」、それから「大人の出会い」「ポルノ」と続きます。


全米でオンラインポルノサイトの会員登録数トップなのはユタ州で、1000世帯あたりの申込数が5.47件。


34%のユーザーがポップアップ広告などにより望まないポルノ画像に誘導されたことがあるそうです。


「児童ポルノ」の検索件数は毎日11万6千件。


オンラインポルノを初めて見る平均年齢は11歳。低年齢化が進んでいると言うことでしょうか。


男性の20%、女性では13%が仕事中にポルノ画像を見たことがあると回答。1回あたりの平均訪問時間は6分29秒となっていました。


1年でもっともポルノを見ないのは感謝祭の日。週のうち最も多いのは日曜日だそうです。


他にもこんな統計の結果もあります。上のものと重複するものは省略しています。

The Numbers Behind Pornography



年齢認証をきちんと行なっているアダルトコンテンツはわずかに3%。


ポルノサイトのユーザーのうち10%は「ポルノ中毒だ」と回答しています。


世界のポルノ市場970億ドルのうち、トップ3位はアジアが独占。日本は中国、韓国に次いで第3位で約200億ドルを消費しています。


アメリカのポルノ生産地のトップはカリフォルニアのサンフェルナンド・バレー。ワーナーやNBCといった映画・テレビの制作スタジオに混じって、ポルノ映像のスタジオもたくさんあるそうで、全米で流通するポルノ映像の90%、年間2万本がここで生産されています。


全米でポルノ動画の年間レンタル件数は約8億。


ポルノ女優の年収は10万ドル(916万円)から25万ドル(2300万円)。男優はぐっと少なくなり平均年4万ドル(約367万円)。


ちなみに、もっとも多くのポルノ映画に出演したギネス記録を保持しているのはロン・ジェレミー


もちろん、決して華やかなことばかりがあるわけではなく、毎週15件の新しい性感染症の症例がポルノ産業従事者から報告されているそうです。


異性愛者の男性が同性愛者を演じて収入を得ることも珍しくないとのこと。


また、こちらのサイトではポルノサイト運営者によって、IPアドレスから判別した国別の検索ワードランキングが公開されています。ちなみに日本からはアダルト女優のKyla Coleを検索してくる人が多かった模様。また「hentai」「anime」などアダルトアニメ関連の用語もちらほらと見受けられるなど、「エロに国境は無い」ことが分かる内容となっています。

EONSEX: World's Largest Adult Search Engine

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
インターネット上にポルノサイトは1%しかない? - GIGAZINE

YouTubeみたいなポルノサイト「YouPorn」の出現でポルノ産業はどれだけの大打撃を食らったのか? - GIGAZINE

アダルトサイトのポップアップを開いた責任で女性教員に懲役40年を求刑 - GIGAZINE

日本のブログ総数は約1690万、記事総数は約13億5000万件、データ総量は42テラバイト - GIGAZINE

アダルトショップの壁をぶち破り、ダッチワイフで欲求を満たした男 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.