ムービー

秒間1,000,000コマの超高速度撮影で銃弾による破壊の瞬間を観察する


銃弾が物を破壊する瞬間を秒間100万フレームという超高速度撮影でとらえた映像です。銃弾がきりもみ回転しながら目標につきささり、衝撃波でめちゃくちゃにしていく様を撮影したスーパースローモーションはまさに圧巻の一言です。

詳細は以下。
YouTube - 1 million fps Slow Motion video of bullet impacts made by Werner Mehl from Kurzzeit



まずは紙のターゲット。


すかっと穴が空くのかと思ったら、意外と破片が出てきます。


こちらは空気銃などでよく用いられる弾頭。


穴開けパンチのように標的用紙を打ち抜いていきました。


氷のブロックの左側から弾が飛んできます。


ブロックに潜り込んだ瞬間、内部が弾の衝撃波でぐちゃぐちゃに。


そのまま内部を破壊しながら進んでいきます。


ブロックの中身をまき散らしながら抜けていきました。


ブロックは内部からの衝撃で爆発。これが人体だったらと思うとぞっとします。


硬い材質の壁にライフル弾が激突。


そのままライフリングの溝にそって、まるでバナナのように外被が剥けていく。


ぺしゃんこに。


最後は散弾。スチールのターゲットの右側から無数の弾が飛んできます。


これまたえらいことに。


戦争物のゲームなどではまるで雨のように弾が降り注いできますが、一発一発がこの威力と考えると本当に恐ろしい物がありますね……。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ハイスピードカメラでとらえた日本刀で試し斬りするところのムービー - GIGAZINE

頬を平手打ちされる瞬間のスローモーションムービー - GIGAZINE

雷が落ちる様子をスローモーションでとらえたムービー - GIGAZINE

シャボン玉が割れる様子をスーパースローモーションで美麗にとらえた写真 - GIGAZINE

in 動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.