メモ

おっぱいを小さくする手術を受ける男性が増えている


乳房縮小手術といえば、テニス選手としてより高い能力を発揮できるように今年7月にバストサイズを縮小したシモーナ・ハレプ選手が有名ですが、最近では女性だけでなく男性でも胸の美容外科手術を受ける人が増えているそうです。

詳細は以下から。Huge increase in man boob operations | thelondonpaper.com

女性ではより大きな乳房を切望し豊胸手術を受ける人も珍しくありませんが、男性では豊かな乳房は恥ずかしいと感じる人も多いようで、イギリスでは男性の乳房縮小手術の件数がここ5年間で10倍以上増加しているそうです。


British Association of Aesthetic Plastic Surgeons(BAAPS:イギリス美容外科医学会)の発表により、2003年には年間わずか23件だった男性の乳房縮小手術の件数が、2008年には323件にも増加したことが明らかになりました。

手術を受けるのは中高年の男性ばかりでなく、10代の少年もいるとのことで、インターネットなどの情報から胸を手術により小さくすることができるということを知る人が増えたことが、手術の件数の増加につながっていると考えられるようです。とはいえ一番多いのはやはり中高年の男性で、元BAAPS会長の形成外科医Douglas McGeorge氏は「50代・60代の男性でいままで人前でTシャツを脱ぐことができなかった、という人々がやってきます」と語っています。

開業医であるMcGeorge氏のもとには10代の少年も手術を受けにやってくるとのことですが、10代の場合には状況によってはイギリスの国民健康保険が適用され無料で手術を受けられることもあるそうです。

「男性に女性ホルモンを投与すれば、胸が大きくなります。二次性徴期にはホルモンが入り交じり、若い男性で乳房が発達する場合もあり、これは成長とともに自然に縮小します」とMcGeorge氏。ただし保険が適用されるためには、乳房の発達が肥満の結果ではなく、不運にも自然に起こった現象だと判断されなければいけません。

なお、手術法と価格はケースバイケースとのことで、脂肪吸引により対応できる場合もあれば、組織を切除する必要がある場合もあるそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
おっぱいについて知っておくべきほんのささいな5つのこと - GIGAZINE

垂れたバストは元に戻るのか、戻らないのか - GIGAZINE

バストは約154cm、ギネスに認定された世界で最も巨乳の女性 - GIGAZINE

「大きいことは美しいこと」世界一巨大なシリコンの持ち主、おっぱいを語る - GIGAZINE

胸の大きなマネキンを置いて利益を30%もアップさせた料理店 - GIGAZINE

女の子の胸がたゆんたゆんに揺れまくるスーパータユニズムエンジンの威力がよくわかるムービー - GIGAZINE

破裂した水風船の水が胸の谷間に流れ込んでいくスローモーションムービー - GIGAZINE

95%以上の女性が自分に合ったブラをつけておらず危険状況にある - GIGAZINE

コペンハーゲンにて女性がトップレスで泳ぐ権利が可決される - GIGAZINE

半数近くの男性は女性を見るとき最初に胸を見ている事が判明 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.