ASUSが「EeeBox」「EeeTop」のIONプラットフォーム採用モデルやキーボード型パソコン「Eee Keyboard」を発売へ


人気ネットブックシリーズ「EeePC」で知られるASUSが、3月にドイツのハノーバーで開催された世界最大級の見本市「CeBIT」でキーボード型の超薄型パソコン「Eee Keyboard」を発表しましたが、ついにその発売時期が明らかになりました。

また、低価格デスクトップパソコン「EeeBox」や液晶ディスプレイ一体型パソコン「EeeTop」の最新モデルとして、高いグラフィック性能を実現するNVIDIAのIONプラットフォームを採用したモデルが発売されるとのこと。

価格などの詳細は以下から。
Asustek to launch Ion-based nettop in September and Eee Keyboard in October

この記事によると、ASUSは9月に低価格デスクトップパソコン「EeeBox」と液晶ディスプレイ一体型パソコン「EeeTop」の新モデルを発売するそうです。

新型の「EeeBox」および「EeeTop」は高いグラフィック性能を実現するNVIDIAのIONプラットフォームを採用しており、価格は「EeeBox」が1万台湾ドル(約2万8800円)で、20インチ液晶ディスプレイとデュアルコアAtomプロセッサなどを搭載した「EeeTop」は2万2000台湾ドル(約6万36000円)とのこと。

また、10月にはキーボード型の超薄型パソコン「Eee Keyboard」が400~500ドル(約3万7900円~4万7300円)で発売されるほか、9月にHP(ヒューレット・パッカード)がIONプラットフォームを採用したネットブックを発売すると予測されています。

これが「Eee Keyboard」です。Atom N270プロセッサや1GBメモリ、13~32GB程度のSSDを搭載するなど、キーボードサイズながらパソコンとしての実用性を確保しているほか、タッチパネルインターフェースも採用しています。

・関連記事
「次世代Atomプロセッサ」を搭載したネットブックを先行発売するメーカーが決定か - GIGAZINE

ネットブックより低価格・長時間駆動可能・高性能な「スマートブック」がいよいよ登場へ、デモムービーも公開 - GIGAZINE

ポケットに入るVAIO再び?ソニーが「VAIO Type P」の最新モデルを発売か - GIGAZINE

タッチスクリーンを搭載したAppleのネットブックは新たな音楽フォーマットに対応か - GIGAZINE

in ハードウェア,   メモ, Posted by darkhorse_log