ムービー

48気筒で4200ccエンジン搭載の化け物のようなバイク


川崎重工業のKH250(S1)のエンジンを組み合わせて作り上げられたシリンダーが48個も搭載された化け物バイク。

激しいエンジン音を響かせるムービーもありますが、こんなのに乗って走ったら熱で運転手自体がやられてしまいそうです。

詳細は以下から。
48 cylinder motorcycle

ハンドルがもの凄く遠い。原型をとどめない改造っぷりです。


エンジン部分だけで1トンの重さがあるそうで、走行はできないとのこと。


制作者のSimon Whitlockさんはエンジニア…ではなく、商店街の建物を管理する仕事をしているそうです。


もし市販化されても常に故障の問題がつきまといそうです。


エンジンを動作させるムービー。
YouTube - Kawasaki 48 Cylinder Runs!


この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ロータリーエンジン搭載のバイク「Norton NRV588」のすさまじいムービー - GIGAZINE

伝説の原付バイク「ホンダ・スーパーカブ」は本当に伝説級なのか検証するムービー - GIGAZINE

スポークもハブもないホイールを使った走る変則バイク「The Hubless Monster」 - GIGAZINE

24台のチェーンソーエンジンで動くバイク - GIGAZINE

ドラゴンボールに出てきそうな「一輪バイク」が実際に走行しているムービー - GIGAZINE

in メモ,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.