×
ハードウェア

2009年末には32インチの液晶テレビが3万円台まで値下がりか


世界的な景気停滞も相まって価格の下落が著しい液晶テレビですが、年末には北米市場で32インチモデルが3万円台まで値下がりする可能性があるようです。

すでに2008年末に日本のメーカー各社が北米市場で激しい値引き合戦を繰り広げていたほか、日本でも4万円台の32インチ液晶テレビが登場していますが、日本市場でも同様の値下がりは期待できるのでしょうか。

詳細は以下の通り。
32-inch LCD TV prices may drop below US$400 in North America by year-end 2009

この記事によると、2009年末には32インチモデルの液晶テレビが北米市場で400ドル(約3万7300円)以下で販売されることを市場関係者は予測しているそうです。

ちなみに2008年8月の時点で32インチモデルの液晶テレビはおよそ1000ドル(約9万3000円)まで値下がりしており、さらに2008年の年末商戦の段階では800ドル(約7万4800円)以下に値下がりしていたとのこと。

また、同じ32インチモデルの液晶テレビの最安モデルと最安モデル以外のものとの価格差についても、2009年末には50ドル(約4680円)~100ドル(約9320円)程度にまで狭まるとしています。つまり最安モデルに限らず、それ以外のモデルについても大幅に値下がりするということなのでしょうか。

日本市場でどれだけ値下がりするのかといったことについても非常に気になりますが、現時点で4万円台の液晶テレビが登場していることや、国内メーカーの液晶テレビもモデルによっては6万円台前半まで値下がりしていることを考えると、ある程度の値下げを期待することができるのかもしれません。

・関連記事
地上デジタル放送への完全移行が1年前倒しか、対応テレビ購入者には支援金支給も検討 - GIGAZINE

薄型テレビや携帯音楽プレーヤー、デジカメ、ゲーム機などの2008年版メーカー別シェアが明らかに - GIGAZINE

ついに世界初の「8倍速液晶テレビ」が登場へ - GIGAZINE

研究開始から苦節20余年、ついに次世代ディスプレイ「SED」が生産開始へ - GIGAZINE

in ハードウェア,   メモ, Posted by darkhorse_log