メモ

映画に出てきそうな地下データセンター


スウェーデンにある近未来的で映画に出てきそうなデータセンター。元は核燃料庫だったところを2007年から今年にかけてデータセンターに改装されたそうで、設計者が70年代のSF映画や007シリーズに影響を受けており、近未来的なデザインになっています。

映画に出てきそうなデータセンターで一度でいいから見学したいものです。

写真は以下より。
Royal Pingdom The world’s most super-designed data center fit for a James Bond villain

内部の地図はこんな感じ。


電力室。


ネットワーク・オペレーション・センター。


近未来的なものと植物が混在しています。


サーバー室内にある会議室。


会議室からの風景。


核燃料庫の跡が残っているところもあるようです。


元が核燃料庫ということもあって水爆を落とされても耐えられるほどの耐久力があるそうです。予備電力も潜水艦に利用するために開発されていた強力なものを利用しており、もし何かの原因で電力が落ちたとしてもしばらくの間は問題ないそうです。

・関連記事
Googleのデータセンターで火事、6台の消防車が出動して消火活動 - GIGAZINE

新しいGoogleデータセンターを発見する「New Google Data center tool」 - GIGAZINE

データセンターを箱に入れる「Project Blackbox」 - GIGAZINE

Googleのデータセンターごとのページランクを表示するサイト「Live Pagerank」 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log