ハードウェア

年内発売予定、Intelの高性能CPUの名称が「Intel Core i7」に


Intelが本日、「Nehalem」というコードネームで呼ばれるアーキテクチャを採用した最新CPUの名称を「Intel Core i7」にすることを発表しました。

そして「Intel Core i7」は高い処理性能と低い消費電力を実現しており、年内にも発売されるとのこと。

詳細は以下の通り。
Next-Generation Intel PC Chips to Carry Intel Core Name

このリリースによると、Intelは将来のモバイル市場やデスクトップ、サーバー用のハイエンドCPUとして、高い処理性能と低い消費電力を実現した「Intel Core i7」を今年の第四四半期に発売するそうです。

「Intel Core i7」は「Nehalem」と呼ばれるコードネームのマイクロアーキテクチャを採用しており、Wikipediaによると最大8コアを1個のプロセッサ上に搭載することが可能。

また、1つのコアで同時に2つの処理を行うことができるハイパースレッディングを採用しているため、4コア搭載モデルの場合、8つのソフトウェア「スレッド」を同時に実行することができるとしています。

・関連記事
Intelが「Centrino2」を発表、ノートパソコン向けクアッドコアCPUも - GIGAZINE

NVIDIAがスマートフォンの能力を劇的にアップさせる「Tegra」プロセッサを発表 - GIGAZINE

転送速度は従来の5倍、Intelなどが超高速フラッシュメモリを開発 - GIGAZINE

in ハードウェア,   メモ, Posted by darkhorse_log