メモ

12歳の少年、「DEATH NOTE」に名前を書いたことでテロリスト扱いを受けて逮捕


アメリカで12歳の2人の少年が警察当局によって逮捕されたそうです。

逮捕された理由は、なんと「DEATH NOTE(デスノート)」に名前を書いたからとのこと。なんですかそれは…。

詳細は以下から。
Sixth-grade boys arrested in West End over threats | GadsdenTimes.com | Gadsden Times | Gadsden, AL

この記事によると、アメリカで2人の12歳の少年が、日本の人気漫画を原作にしたアニメ「DEATH NOTE」にならって、ノートに学校職員や教職員、生徒の名前をノートに書き込んだそうです。そしてノートは教職員によって発見された後、校長を通じて捜査当局に引き渡されたとのこと。

もちろん少年たちは冗談のつもりだったようですが、ノートを受け取った捜査当局は、テロの脅威があるとして少年たちを逮捕した上で、少年裁判所の審判にかけたそうです。やりすぎな気もしますが、それだけテロに対して敏感になっているということでしょうか。

なお、アニメ版「DEATH NOTE」は、ノートに名前を書き込むと人が死ぬという内容のため、アメリカでは成人指定にされているそうです。

・関連記事
マリオのハテナブロックが住民を恐怖のどん底にたたき落とした - GIGAZINE

大聖堂の噴水に洗剤が混入、一面泡まみれに - GIGAZINE

お天気カメラが核爆発の瞬間を捉えて生放送 - GIGAZINE

唐辛子のにおいが化学兵器テロと勘違いされてロンドンの町が大混乱 - GIGAZINE

仮想世界「セカンドライフ」がテロリストの訓練場に - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log