メモ

ハッキングで人を殺すことが可能になるかもしれません


アメリカの大学の研究結果によると、今後ハッキング(ハッカーによる攻撃、要するにクラッキングなど)で直接人を殺すことができるようになるかもしれないそうです。

なにやら恐ろしい話ですが、いったいどういうことなのでしょうか。

詳細は以下から。
A Heart Device Is Found Vulnerable to Hacker Attacks - New York Times

この記事によると、現在医療機器として用いられているペースメーカーには脆弱性があり、ハッキングされる可能性があるそうです。

これはペースメーカーから発せられている電波を傍受することによって可能となるもので、実際にペースメーカーに記録されている患者の個人情報を収拾することなどができたとのこと。

なお、今後さまざまな医療機器が通信機能を搭載することで、遠隔治療や医師による遠隔監視などを実現する方向へと進化を遂げていくつもりだそうですが、研究者たちによると医療機器メーカーのセキュリティに対する意識は低いとされており、今現在はハッキングされる危険性が低いとはいえ、将来的にはハッキングされる可能性が高まると懸念されています。

ボタン1つで相手の命を奪えてしまう可能性を考えると、とても恐ろしいですねこれは…。

・関連記事
ウイルスバスターで有名なトレンドマイクロのサイトにウイルスが侵入して閉鎖中 - GIGAZINE

CIAが発電所に対するサイバー攻撃を警告、実際に停電が発生した都市も - GIGAZINE

空港のシステムのセキュリティーは大丈夫なのか? - GIGAZINE

この道路標識はハッキングされました - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log