メモ

サムスンが世界的人気ブランド「Supreme」の偽物とのコラボを大々的に発表


2018年12月10日、Samsungが新型スマートフォン「Galaxy A8s」を中国市場向けに正式発表しました。その発表イベントの中でSamsungは、人気ファッションブランドであるSupremeとの若者をターゲットとしたコラボレーションを大々的に告知。しかし、Samsungがコラボレーションを告知したのは本家Supremeではなく、本家とは全く無関係な上に勝手にロゴと名前を使用しているフェイクブランドだったことが判明しました。

Samsung angers hypebeasts by partnering with fake Supreme brand in China - The Verge
https://www.theverge.com/2018/12/10/18134390/samsung-supreme-brand-fake-china-legal


Samsung shamelessly aligns with off-brand Supreme in China
https://www.androidpolice.com/2018/12/10/samsung-shamelessly-aligns-with-off-brand-supreme-in-china/


Samsungは中国向けに、ベゼルレス・ノッチレスデザインのスマートフォン「Galaxy A8s」を発表しました。Galaxy A8sは「Infinity-O Display」というディスプレイ技術を採用していて、6.4インチディスプレイの左上に24メガピクセルのフロントカメラを置くための丸い穴が開いているのが大きな特徴。このInfinity-O Displayによって、ディスプレイ上部からノッチすらもほぼ排除したといえます。


さらに、人気ファッションブランドであるSupremeとのコラボレーションも発表。Samsung Chinaのマーケティングヘッドを務めるFeng En氏は、イベントの舞台には「Supreme」のCEOを名乗る2人を招き、「最近の若者はファッションスタイルで個性を見せたがります。私たちは、ファッションスタイルを見せびらかすための『S』で始まる2つのブランドです」と語りました。さらに、Feng氏の背後にあるスクリーンには、SamsungとSupremeのロゴが大きく表示されました。


Supremeはニューヨーク発のファッションブランド。赤地に白いFuturaフォントでブランド名が書かれたボックスロゴが特徴的で、このロゴで飾られた衣服は世界的に人気があり、ファッションに敏感な若者をターゲットにしたいSamsungがコラボレーションを大々的に発表した点も納得できます。しかし、SupremeはHYPEBEASTの取材に対して、Samsungとのコラボレーションを正式に否定しました。

by CarSpotter

ニューヨークで始まった世界的人気の高いSupremeは「Supreme NYC」という社名です。しかし、Samsung ChinaのデジタルマーケティングマネージャーであるLeo Lau氏が中国のミニブログ・Weiboで、SamsungがコラボしていたのはSupreme NYCではなくSupreme Italiaだったことを明らかにしました。Supreme Italiaはイタリア・バルレッタで生まれたブランドで、本家Supremeとは全く無関係のフェイクブランドです。以下の画像はAmazon.co.ukで販売されていたSupreme Italiaのシャツですが、特徴的なロゴは完全に本家Supremeと同じもので見分けがつきません。


実は、Supreme NYCの創業者であるJames Jebbiaは「Supreme」という名前やボックスロゴに対する権利を保有しておらず、Supreme Italiaはその抜け穴をつく形で作られました。本家に訴えられるもイタリアでの裁判では勝利を収め、イタリアの法律に守られながら成立してしまっており、グレーながらも「合法的な」フェイクブランドという立ち位置にいます。

Leo氏によると、本家Supreme NYCは記事作成時点では中国本土で販売およびマーケティングの許可を得ていない一方で、フェイクのSupreme Italiaは日本を除くアジア・太平洋地域で販売が既に認可されていたため、SamsungはSupreme Italiaとのコラボレーションを決めたそうです。Leo氏によるWeiboの投稿はすぐに削除されてしまったようですが、Leo氏の発言が本当であれば、Samsungの「Supremeとのコラボレーション」という発表は、フェイクブランドを利用した誇大広告ということになってしまい、大きな批判は免れられません。

なお、Supreme Italiaはアメリカや日本では販売が認可されていないため、仮にSamsung Galaxy A8sが日本に上陸しても、SamsungとSupreme Italiaのコラボレーションが展開されることはなさそうです。

・関連記事
サムスンが散々ディスってきたiPhoneからGalaxy端末の宣伝を行っていたことが判明 - GIGAZINE

サムスンが一眼レフ撮影のストック写真を使って「スマホでボカシ撮影」の画像を作成していたことが判明 - GIGAZINE

AppleとSamsungの「デザインをめぐる泥沼の法廷闘争」がついに示談で終結 - GIGAZINE

サムスンが世界最大の携帯電話工場をインドにオープン - GIGAZINE

Samsung「Galaxy S9/S9+」がコンシューマーレポートの評価でトップスコアをたたき出す - GIGAZINE

Samsungが「iPhone信者だった僕がGalaxyに乗り換えるまで」ムービーを公開、SamsungがiPhone信者なのではないかと思う仕上がり - GIGAZINE

サムスンが世界初の折りたたみディスプレイスマホを2019年に市場投入へ - GIGAZINE

in モバイル,   デザイン,   メモ, Posted by log1i_yk