スピーカーケーブルも電源コードもなくした「完全ワイヤレス5.1chサラウンドシステム」を実現した「ONEmicro」


5台のスピーカーと1台のサブウーハーで構成される「5.1chサラウンドシステム」は、自宅で映画館のような迫力あるサウンドを楽しめる音響システムですが、それぞれの機器にスピーカーケーブルや電源コードが必要なことが多く、部屋中がケーブルまみれになるという欠点があります。「電源コードは必要だがスピーカーケーブルは不要」のような一部ワイヤレスの5.1chホームシアターも登場しつつありますが、現代の技術ではいくつかの理由から完全ワイヤレスを実現するのは難しいとされてきました。そんな常識を破り、超小型のスピーカーで5.1chサラウンドを実現して持ち運びも可能、電源コードすらワイヤレス化してしまったという完全ワイヤレス5.1chサラウンドシステム「ONEmicro」が製品化を目指してKickstarterのキャンペーンをスタートさせています。

ONEaudio
http://www.oneaudio.cc/home

ONEmicroがどのような製品なのかは、以下のムービーを見るとよくわかります。


映画「スター・ウォーズ」が再生されています。


迫力あるサウンドはなんとノートPCから再生されていました。PCの周りに置かれているこれらのスピーカー類が「ONEmicro」。ケーブルは一切つながれておらず、スッキリしているのがわかります。


爆発音とともに卓上のサブウーハーがブルブルと振動。


使い終わったら6つのスピーカーは机の引き出しなどに片付けておくことも可能。


さらに別の場所へ6つのスピーカーを持っていき……


テレビの前に4つのスピーカー


部屋の後方に2つのスピーカーをセットします。


それぞれのスピーカーの出力などは、専用のアプリから調整可能。


5.1chなのにスピーカーが6つあるのは、ONEmicroのスピーカー2つでセンタースピーカー1台分になるため。ごちゃごちゃしたケーブル類がないので、あっという間に5.1サラウンドの環境を整えられるわけです。


サブウーハーは前後に2つのドライバを搭載したツインドライバ式。


ONEmicroがあれば迫力あるゲームプレイから……


テレビ・DVD・Blu-rayや、Netflixの5.1ch対応コンテンツなどが楽しめます。


PCのスピーカーに満足していなくても、簡単なセッティングでPCのサウンドを5.1ch化することも可能。


各スピーカーはバッテリー駆動で、1つあたり20時間の音楽を再生可能。バッテリー残量は専用アプリから確認できます。


なお、これらのスピーカー類をまとめているのは小型のベースユニット1台のみ。


音楽データを保存した16GB~256GBのUSBメモリを挿し込めば、ベースユニットをローカルメディアサーバーとして使用することも可能。


Wi-Fi経由でスマートフォンを同期させることもできます。


ワイヤレスなので、小型のスピーカーだけ持ち出して、野外で迫力あるサウンドを楽しむのもアリ。


なお、接続方法は「光デジタルケーブル(テレビ)」「USBケーブル(PC)」「Wi-Fi(モバイル機器)」「USBメモリ(ローカルメディアサーバー)」「USBドングル(野外でiOS/Android機器)」の5種類があります。


ONEmicroのメーカー・ONEaudioによると、5.1chシステムをワイヤレス化するにあたって、Bluetoothは低電力なもののマルチチャンネルに非対応で、Wi-Fiは混線してスピーカー同士がうまく同期できず、WiSAは電力消費が激しいためバッテリー駆動に使えないという、「バッテリー」「マルチチャンネルの同期」という2つの壁があるとのこと。ONEaudioは6つのチャンネルを同期でき、Wi-Fiスピーカーの10分の1、WiSAスピーカーの20分の1という低電力を実現する規格「DECT 1.9GHz方式」を採用することでこの2つの問題を解決したとのこと。


なお、ONEmicroはKickstarterで出資を募っており、記事作成時点ですでに目標出資額の10万香港ドル(約147万円)を超え、44万香港ドル(約640万円)以上の出資を集めています。出資プランは以下のようなものがあります。

・1856香港ドル(約2万7000円):2.0chキット(スピーカー×2、ベースユニット、光デジタルケーブル) ※自前のサブウーハーを接続可能
・2948香港ドル(約4万3400円):5.0chキット(スピーカー×6、ベースユニット、光デジタルケーブル) ※自前のサブウーハーを接続可能
・4586香港ドル(約6万7500円):5.1chフルキット(スピーカー×6、サブウーハー、ベースユニット、光デジタルケーブル、USBステレオドングル、OTGケーブル) ※50人限定


日本への発送には別途155香港ドル(約2300円)~995香港ドル(約1万4600円)の送料が必要となり、発送時期は2017年6月~7月ごろになる予定。出資の締め切りは2017年2月27日(月)の正午までです。

World's only 5.1 surround without speaker wire & power cord by ONEaudio — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/oneaudio/worlds-only-true-wireless-surround-small-size-big


・つづき
世界初の電源込みでワイヤレス5.1chサラウンドシステムを実現したスピーカー「ONEmicro」でプチ映画館体験をしてみた

・関連記事
立体音響「7.1ch」を実現するサラウンドヘッドホン「MDR-DS7500」を体験 - GIGAZINE

IMAXシアターでの映画体験を自宅で楽しめる「IMAXプライベートシアター」 - GIGAZINE

5.1chを超えて前後左右上下の3次元音響を実現する「22.2マルチチャンネル」が市販のヘッドフォンで再現可能に - GIGAZINE

音像の圧倒的な臨場感を自由自在にコントロールできる「22.2マルチチャンネル音響」の実力をNHK技研公開2016で体験してきました - GIGAZINE

ハリウッド映画を彩る効果音「フォーリー・サウンド」を生み出すアーティストの知られざる作業の現場 - GIGAZINE

188

in ハードウェア,  動画, Posted by darkhorse_log