ハードウェア

アナログスピーカーに接続してスマホやタブレットから高音質で音楽を再生可能にする「The Vamp」


スマートフォンやタブレットと接続して音楽を再生するポータブルスピーカーは数多く存在しますが、高音質で音楽を再生できるものはほとんどなく、値段も高価。ということで、従来のアナログスピーカーを復活させ高音質で音楽を再生、リサイクル品などを使えばコストも抑えられるはず、というアイデアから生まれたのが「The Vamp」です。

The Vamp - Bring Back the Sound by Paul Cocksedge + Paul Cocksedge Studio™ — Kickstarter
http://www.kickstarter.com/projects/1238747394/the-vamp-bring-back-the-sound

実際に使用している様子などは以下のムービーから見ることができます。

The Vamp by Paul Cocksedge on Vimeo


使われなくなった古いスピーカー現在のものとして蘇らせることができるアイテムが「The Vamp」。名前はrevamp(改良)という言葉から取られました。


Bluetoothを内蔵しているので、スマートフォン、タブレット、ノートPCと接続し、データを受信、接続したスピーカーから音楽を流します。


スピーカーの上部に置いてもOKなのですが、内側にマグネットを備えているので側面にくっつけることも可能。


リサイクルショップで2.5ポンド(約350円)で買った30年前のスピーカーでテストしたところ、大音量でも音楽を聴くことができたとのこと。なお、Bluetooth接続可能範囲は10m、バッテリーは充電式で、1度の充電で約10時間の使用が可能。


スピーカーによって接続方法は異なりますが、The Vampはどんなスピーカーにも対応。こちらはスピーカー後部にある端子にケーブルを差し込むタイプ。


ケーブルの導体を剥き出しにして接続するタイプでも使用できます。


PCやHi-Fiとも互換性があり、さまざまな機器と接続して使用することが可能。


Bluetoothを搭載したデバイスを持っていなくとも、ケーブルで接続すれば問題なく再生できます。


前面にはLEDライト、背面にはスイッチやmicroUSBポート、スピーカーと接続するためのコネクタ、3.5mmステレオプラグ用コネクタなどがあります。


The Vampは本体と充電用のUSBケーブル、3.5mmオーディオジャック、固定用のメタルディスクがセットになって、箱入りで届けられます。


現在The Vampは商品化のために出資を募っている最中で、目標額3万5000ドル(約330万円)のところ既に5万3000ドル(約500万円)を集めており、商品化は確実。35ポンド(約3300円)の出資でThe Vampを赤・白・黒から選ぶことができ、出資額を増額すると自分の名前を本体に入れるなどカスタマイズも可能。なお、イギリス国外に発送する場合、送料として別途10ポンド(約930円)が必要です。

The Vamp - Bring Back the Sound » Back this project — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/1238747394/the-vamp-bring-back-the-sound/pledge


締切は日本時間で4月29日(月)午前12時50分です。

・関連記事
周囲360度どこから聞いても音量・音質がほぼ変わらないスピーカー「Z305」 - GIGAZINE

ノートパソコンで迫力のサウンドを楽しめる本格派スピーカー「uBoom」 - GIGAZINE

スマホと接続してタッチ操作でハンズフリー通話ができる角柱型スピーカー「Sound BlasterAxx SBX 20」実機レビュー - GIGAZINE

わずか7mmの薄さで非常に軽く持ち運びも簡単なBluetoothスピーカー「Mojo」 - GIGAZINE

光と音が天井から降り注ぐNECの家庭向けスピーカー付LEDシーリングライト - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logq_fa