ゲーム

任天堂の次世代ゲーム機「Nintendo Switch」はマルチタッチ対応&HDディスプレイになる可能性


開発コードネーム「NX」と称されていた任天堂の次世代ゲーム機「Nintendo Switch」は、「持ち出せる家庭用据置型テレビゲーム機」というコンセプトの据え置き/携帯のハイブリッド型ゲーム機であることが2016年10月20日に発表されました。発表と同時に公開された公式ムービーでは、コントローラーを着脱可能なタブレット端末が登場するのですが、そのタブレット端末がマルチタッチに対応している可能性が報じられています。

Nintendo Switch has a 6.2" 720p multi-touch screen • Eurogamer.net
http://www.eurogamer.net/articles/2016-10-27-nintendo-switch-has-a-6-2-multi-touch-screen

Nintendo Switchは、携帯機として使用するときにジョイコンというコントローラーをタブレット端末(Nintendo Switch本体)に装着させます。ゲーム関連メディアのEurogamerが複数の情報筋から入手した情報によれば、このタブレット端末に搭載されているディスプレイがマルチタッチ操作に対応しているとのこと。また、ディスプレイの大きさは6.2インチで解像度は720pになるそうです。


Eurogamerに情報を提供した人物の中には、Nintendo Switchが据え置き/携帯のハイブリッド型ゲーム機になるという情報を2016年7月に提供した人物が含まれており、Eurogamerは今回の情報もかなり信頼性が高いとしています。

また、ゲームメディアのPolygonは公式ムービーで明かされなかったNintendo Switchの機能を任天堂が出願した数々の特許から予想。特許の中でも興味深いのは(PDF)2015年9月に出願された特許で、タブレット端末がジェスチャー操作に対応していることが記載されています。

以下の図では、タブレット端末の右側にある手でボールを投げるジェスチャーを行うと、ディスプレイ上でもボールが投げられているのがわかります。


また、バッターが打ち返したボールを右手でキャッチするようなジェスチャーで捕球している様子も描かれています。


ただし、この特許の技術がNintendo Switchに実際に搭載されているかは不明。ちなみに任天堂は10月27日に公開された決算資料で、Nintendo Switchの続報について2017年1月13日に予定している「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」まで一切アップデートしないことを明言しています。

決算資料によれば、同社が10月20日に公開したNintendo Switchの公式ムービーは視聴回数が2300万回以上で、評価の95%がポジティブな評価を付けているとのこと。なお、任天堂は、2017年3月の発売から3月末までにグローバルで300万台の出荷を見込んでいます。

・関連記事
桃鉄シリーズ完全新作「桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!」の発売日が決定 - GIGAZINE

ニンテンドースイッチの大きさはどれくらいなのか?力業で測るとこうなる - GIGAZINE

任天堂次世代機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」とは?そして「スプラトゥーン2」と思われる画面も - GIGAZINE

ついにNintendo NX改め「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」公式ムービー公開、据え置き/携帯のハイブリッド型 - GIGAZINE

ファミコンが手乗りサイズになって帰ってきた、任天堂の「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が登場 - GIGAZINE

in ハードウェア,   ゲーム, Posted by darkhorse_log