ニコン初の360度撮影可能なアクションカメラ「KeyMission 360」フォトレビュー


2016年1月6日からスタートしたCES 2016で参考出展されたニコン初のアクションカメラが「KeyMission 360」です。KeyMission 360は本体前面と背面の両側に広角レンズを搭載しており、本体を中心に360度あらゆる方向の映像を保存できる360度カメラでもあるのですが、その実物がCP+2016でも出展さていたので、どのようなカメラになっているのか見てきました。

Nikon | ホーム
http://www.nikon.co.jp/index.htm

ニコンブース内にてKeyMission 360が展示されているゾーンを発見。


KeyMission 360とサポートパーツが置かれています。


KeyMission 360本体はこんな感じ。本体には「SHOCKPROOF(耐衝撃性) 2m/6.6ft」「WATERPROOF(防水性) 30m/100ft」と書かれており、本体がハウジング等なしで防水・耐衝撃性を備えていることがわかります。また、よくよく見ると本体レンズは取り外し可能なプロテクターになっているであろうこともうかがえます。


天面には撮影ボタン&本体のバッテリー残量を示すインジケーター。


本体側面には「NFC」「4K」「Bluetooth」「Wi-Fi」のマークがあります。つまり、KeyMission 360は4Kムービーの撮影やBluetoothやWi-Fiで他機器と無線通信することも可能であるようです。


反対側面にはHDMI端子やSDカードスロットが配されている模様。


水中用レンズプロテクター&シリコンジャケット


本体を取り付けることができるハンディースティック


遠隔操作用のリモコン


サーフボードマウント


サクションカップマウント


ベースアダプター


ベースマウント、といった具合にかなり多数のサポートパーツがリリースされる模様。


これはKeyMission 360の使用シーンをイメージした展示。


ヘルメットにKeyMission 360を固定するパーツもリリースされる模様。


KeyMission 360で撮影した写真も展示されており、どのようなシーンで活躍しようなものなのかイメージしやすくなっています。


なお、KeyMission 360は2016年春の発売予定となっています。

・関連記事
日本最大級のカメラ・写真イベント「CP+2016」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

Nikon初のアクションカメラ「KeyMission 360」は4K対応&前後レンズ搭載で360度撮影が可能 - GIGAZINE

裸で防水・耐衝撃性能を備えた超広角4Kムービー撮影可能アクションカメラ「RICOH WG-M2」速攻フォトレビュー - GIGAZINE

ソニーの新アクションカム「FDR-X1000V」&「HDR-AS200V」を速攻で使ってみました - GIGAZINE

4K撮影を新型「GoPro HERO 4」のブラックとシルバーでしてみたよレビュー - GIGAZINE

85

in レビュー,  取材,  ハードウェア, Posted by logu_ii