Amazonが電子書籍リーダーKindleの大型アップデートを2016年2月に実施、新機能はこんな感じ

by Giorgio Minguzzi

電子書籍リーダー・Kindleに対して2016年2月、大型アップデートを行う予定であることをAmazonが明らかにしました。いろいろと新機能が盛り込まれ、使い勝手がかなり変わってきそうです。

Amazon.com: Kindle E-Reader Update Coming February 2016
http://www.amazon.com/gp/browse.html?tag=skim0x3252-20&node=13550053011


発表されているアップデート内容は以下のものです。

◆ホームスクリーンのパーソナライズ
まず挙げられているのは、ホームスクリーンがユーザーごとに最適化されたものになるということ。画面左上の「マイ・ライブラリー」に最近読んだ本の表紙が表示され、タップすると所有するすべての書籍が見られるようになります。


その右側に来るのが「読書リスト」。ここには、ウィッシュリストに入れている書籍や過去に体験版・サンプルをダウンロードした書籍が表示されるとのこと。読書の助けになるサービス・Goodreadsを利用している人なら、Goodreadsの「読みたい本(Want to Read)」に入れている書籍も表示されるとのこと。


下部にはGoodreadsでの友人が読んでいる本、よく売れている本などのオススメ書籍が表示されます。ラインナップはスリープから復帰するたびに入れ替わります。


◆よく使う設定へのアクセス改善
「機内モード」や「今すぐ同期」など、よく使う設定メニューへのアクセスがツールバーから1タップで可能に。


◆オススメのカスタマイズ
まずは興味のあるジャンルを選択。


続いて、これまでに読んだ本を5つ星で評価、読んだことがない場合は読みたいかどうかをチェックします。これを最低10冊分行うことで……


最適なオススメ結果が得られるとのこと。これも前述のGoodreadsを利用したものです。


これらのアップデートはKindle Paperwhite(2013年モデル・2015年モデル)、Kindle(2014年モデル)、Kindle Voyage(2014年モデル)に適用されるとのことです。

・関連記事
Windowsタブレットユーザー待望の日本語版「Kindle for PC」を使ってみた - GIGAZINE

「Kindle Voyage」と「Fire HDX 8.9」はどのように進化したのか、歴代モデル・競合機と比較してみたレビュー - GIGAZINE

新しくなったKindleは何がこれまでと違うのか実際に触ってみました - GIGAZINE

電子書籍を独力で出版して1年で100万円以上を売り上げた著者が語るコツ7つ - GIGAZINE

本を送るとスキャンして電子書籍化してくれる「BOOKSCAN」の裏側を見せてもらいました - GIGAZINE

132

in ハードウェア, Posted by logc_nt