夢の中にまで「広告」が侵入してくる悪夢を描いた「Branded Dreams」


街の中やインターネットなど至る所に表示されている「広告」は、現在の私たちの生活と切り離せないものとなっています。「みんなの場所」であるはずの公共の場に何が表示されるかを「企業」がコントロールしている現状を批判するアーティストも存在するほどで、唯一広告を見なくていいのは「夢の中だけ」といっても過言ではないのですが、新たに、「広告は夢の中にまで侵入しているのではないか?」と一石を投じるムービー「Branded Dreams」が公開されました。映像が美しい分、「広告」という要素が入ることで悪夢的な雰囲気に仕上がっています。

Branded Dreams


深い森の中。


現れたのは森に似合わぬ1匹のホッキョクグマ。


何やら苦悩している様子です。


森の中には……


毒々しいキノコも。


木の幹にびっしりと張り付いている何かを発見。


テントウムシでした。


……が、何か様子が変です。


急に映り込む水泡のようなもの。


よくよく見ると、森の中には赤いものだらけ。


激しく動くシカのようなものを発見しますが……


何と頭が栓抜きでした。


赤と白の毛並みが……


泡に変化。


芋虫も真っ赤。


プルタブの付いた顔は笑っているようにも見えて不気味です。


木イチゴにはラベルがついています。


クモの巣は……


全体を見るとボトルの形になっていました。


赤と白の模様のチョウチョ。森の中のどこを見ても、あの有名会社のイメージがまとわりつきます。


蓮の葉と一緒にボトルキャップが浮かび……


頭が栓抜きになった昆虫が枝をはいます。


カエルもまがまがしい赤と白の模様つき。


「本当に問うべきことは『我々はどのくらいの広告を見るのか』ではなく、『広告を見ないようにするには何をすべきか』なのだ。そしてその答えは『眠ること』だ」という言葉を作家のジェームス・B・トウィッチェルは残しましたが、とうとう夢の中にまで侵入するほど我々の頭に広告のイメージはしみついている、という考えさせるメッセージを伝えるムービーとなっていました。

・関連記事
我々はどうして我慢して広告を見なければいけないのか? - GIGAZINE

「Adblockのビジネスモデルは違法」として広告会社に訴えられる - GIGAZINE

広告を消す拡張機能「Adblock Plus」は「合法」で罰せられないとの判決 - GIGAZINE

広告除去機能のユーザーをブロックするニュースサイトが登場し開発会社とバトル勃発 - GIGAZINE

広告ブロック回避サービスがハッカーに乗っ取られてマルウェア配信 - GIGAZINE

151

in 動画, Posted by logq_fa