複数のドライバーを1本のペンに収納して次々に繰り出せるようにした「Tool Pen mini」


マイナスドライバー・プラスドライバー・六角ドライバーなどを1本のペンのように収納でき、ロケットペンシルのようにして簡単にドライバーの種類を交換可能なのが「Tool Pen mini」です。非常にコンパクトで携帯性に優れているので、複数のドライバーをシャツの胸ポケットに滑り込ませて持ち歩くことができるという、かなり使い勝手のよいアイテムになっています。

Tool Pen mini - Precision Bits by mininch - Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/2054052511/tool-pen-mini-precision-bits

「Tool Pen mini」がどんなものかは以下のムービーで確認できます。


「Tool Pen mini」は手に持つとこれぐらいの大きさ。サイズは長さ133.5mm×直径12.8mm×重さ46gで、見た目はまさにペンです。


ペン先のように見える部分がドライバー部分です。


ねじを回しているときはこんな感じ。


ドライバーを別のものに交換するときは、ドライバーの部分と本体の部分を……


パカっと分離させます。


ドライバーはこんな形をしています。


分離させたドライバー部分は本体のお尻の部分に押し込み……


シャーペンの芯を出すようにギュっと押し込むだけです。


これで次のドライバーが出てくる仕組み。次に出てくるドライバーの種類は側面の穴から確認できます。なお、ドライバーは5つまで収納可能。


これで別のねじが回せるようになります。


また、Tool Pen miniにはキャップが付いているので、バックなどに入れても破ることはありません。


ペンみたいに胸ポケットに入れておくことも可能。


この「Tool Pen mini」はクラウドファンディングサイトのKickstarterで出資を募集中。目標金額の1万5000ドル(約180万円)に対し、記事作成時点では世界中の約2600人以上の出資者から1万8500ドル(約220万円)以上の出資を集めています。

Tool Pen miniは「マイナスドライバー」「プラスドライバー」「六角ドライバー」「T型トルクスドライバー」「E型トルクスドライバー」「SIM取り出しツール」がセットになっていて、45ドル(約5300円)の出資で「Tool Pen mini」が1つゲット可能。55ドル(約6500円)の出資を行うと上記のセットに「四角ドライバー」をプラスしたもの、60ドル(約7100円)の出資で「四角ドライバー」「星形五角形ペンタローブドライバー」をプラスしたものをゲットすることができます。その他「Tool Pen mini」が2つになるプランなども用意されています。なお、日本への送料は無料です。


出資の締め切りは日本時間の2015年5月22日(金)1時14分までとなっており、出荷時期は2015年9月が予定されています。

・関連記事
「Kickstarter」へ出資してゲットする方法&出資しまくった経験からわかった注意点まとめ - GIGAZINE

軽量・コンパクトで13種類のドライバーに変化する携帯ビット式ドライバー「Tool Pen」 - GIGAZINE

25種類のツールになるブレスレット型マルチツール「Tread」 - GIGAZINE

組み替え自由な万能ナイフ「Switch」でパーツを色々と組み替えてみた - GIGAZINE

USBドライブや鏡からスパナまでさまざまな工具が詰まったiPhone用ケース「myTask」 - GIGAZINE

25種類のツールになるブレスレット型マルチツール「Tread」 - GIGAZINE

650

in ハードウェア,  動画, Posted by darkhorse_log