Amazonが自動車のトランクに商品を配達してくれ不在通知とサヨナラできる新サービスを発表


Amazonで購入した商品が自宅ではなく自分の自動車のトランクの中に届けられるという、新しい宅配方法のテストが2015年5月から開始することが発表されました。

Amazon.de: Prime Kofferraum: Stores
http://www.amazon.de/b/?node=6434730031

この宅配方法のテストを開始するのは、ドイツでサービスを展開するAmazon.de(Amazonドイツ)です。Amazonドイツでは自動車メーカーのアウディ、そして運送会社のDHLと提携することでこのサービスを実現しており、アウディに乗るAmazonユーザーは、購入した商品を自宅ではなく自分の自動車のトランクに届けるように運送会社に指定することができます。

同サービスでは、自分のアウディのトランクに商品を配達して欲しいAmazonユーザーは、オンラインマップで自動車の駐車場所と届けて欲しい時間帯をあらかじめ指定しておきます。トランク配達の指示を受けたDHLの配達スタッフはオンラインマップを頼りに指定の自動車を探し出し、その自動車のトランクのロックだけを開錠できる電子マスターキーを使ってトランクを開けて商品を届け、配達が完了するとトランクを施錠する、という仕組みになっています。


つまり、このトランク配達サービスによってアウディに乗るAmazonユーザーは自分の自動車を移動式の宅配ロッカーにすることがで、自宅に帰ってから不在通知を見て、受け取れなかった商品の再配達手続きするという手間がなくなり、さらに外出先でも商品をゲットできるようになるというわけです。なお、Amazonドイツはこのトランク配達サービスを正式リリースする時には、すべてのAmazonプライムの有料会員に提供する予定とのことです。

Amazonドイツでは、セキュリティなどの課題を見極めて解決するために、まずはミュンヘン地域の一部のユーザーに限定してテストを開始する予定で、今後はアウディ車に限定することなく他のメーカーの自動車でも利用できるよう検討中。また、将来的にはドイツ以外の国でもサービス提供する計画だとのことです。

なお、同様のサービスコンセプトは以下の記事でも確認できます。

宅配物を自宅ではなく車のトランクに届けてもらう試みをボルボが実験中 - GIGAZINE

・関連記事
Amazonが商品配送の手段に「タクシー配車アプリ」をテスト中と判明 - GIGAZINE

ポチッた商品が1時間で届くサービス「Prime Now」をAmazonがスタート - GIGAZINE

Amazonが倉庫ロボット1万5000台を導入し最大1000億円の人件費削減へ - GIGAZINE

Amazonが物流分野に参入し注文したその日のうちに商品を配達するサービスの展開を検討中 - GIGAZINE

Amazonが送料無料を禁止した「反Amazon法」に対抗して「送料1円」に - GIGAZINE

Amazonの業績が急回復し株価が急騰中、V字回復の原因とは? - GIGAZINE

205

in ネットサービス,  乗り物,  メモ, Posted by logv_to