ハードウェア

歴代最薄・最軽量の廉価版「Surface 3」が登場、フルバージョンのWindows採用で強力なモバイル性能を発揮


Microsoftがかねてからのウワサ通り、タブレットPC「Surfaceシリーズ」の廉価版モデルとして「Surface 3」を発表しました。Surface 3は従来の廉価版モデルのSurface RTシリーズとは異なり、Intelプロセッサを採用かつ機能制限なしのフルバージョンのWindows 8.1を搭載しており、従来のWindowsソフトウェアをフル活用できるモバイル端末となっています。

Announcing Surface 3 - Surface Blog
http://blog.surface.com/2015/03/announcing-surface-3/

Microsoft introduces Surface 3: The thinnest and lightest Surface yet | News Center
http://news.microsoft.com/2015/03/31/microsoft-introduces-surface-3-the-thinnest-and-lightest-surface-yet/

Surace 3はどんなタブレットで何ができるのかは以下のムービーを見れば一発で分かります。

Introducing the new Microsoft Surface 3 - YouTube


Surfaceシリーズではおなじみのキックスタンド。ロゴはメタリックに変更されています。


Surface 3はムービーの連続再生が10時間以上と、非常に長いバッテリー駆動時間を実現。


もちろんデジタイザペンにも対応。


OSはフルバージョンのWindows 8.1を搭載。次期OS「Windows 10」への無料アップグレードパスも用意されています。


Surface 3は重さ622g。これは歴代Surface最軽量。


サイズは横267×縦187mm×厚さ8.7mmで、歴代Surface最薄。


ディスプレイサイズは10.8インチなので12インチのSurface Pro 3に比べると小さめ。画面比率は3:2、画面解像度は1920×1280です。


キックスタンドの調整角度は3段階に固定なので、シームレスに動くSurface Pro 3に比べるとスペックダウン。


マグネット式の充電コネクターは廃止され、Micro-USBポートでの充電に対応。スマートフォンやタブレットの一般的な充電器で充電できるので、急なバッテリー切れにも対応できます。


USB3.0、Mini DisplayPort、microSDカードスロットも搭載。


Wi-FiはIEEE.802.11acに対応しており高速通信が可能。


さらにはLTE対応モデルもあり。ピュアなモバイル端末として抜かりはありません。


リアカメラは800万画素でオートフォーカス機能付き。


プロセッサはCherry Trail世代のIntel Atom X7-Z8700(2.4GHzクアッドコア)を搭載。


価格は2GBメモリ・64GBストレージが499ドル(約6万円)から、LTE対応モデルは599ドル(約7万2000円)から。


ただし、129.99ドル(約1万5000円)のマグネット脱着式キーボードカバー「Type Cover」と49.99ドル(約6000円)の専用スタイラスペン「Surface Pen」は別売りとなっています。


スピーカー・外付けディスプレイ用端子・マウス用USBポートを搭載する「Surface 3 Docking Station」も用意される予定。


海外メディアからSurface 3のファーストタッチインプレッションが続々と上がってきています。

Microsoft's Surface 3 is a $499 tablet that could be a full Windows laptop | The Verge
http://www.theverge.com/2015/3/31/8317597/microsoft-surface-3-tablet-features

The Vergeによるタッチアンドトライの様子は以下のムービーで確認できます。


The Vergeのタッチアンドトライの様子からはタッチ操作は極めてスムーズでヌルヌルとWindows 8.1が動く様子が確認できます。

Surface 3の日本市場での発売については最適な時期を調整中とのこと。日本以外のオーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、香港、アイルランド、イタリア、韓国、ルクセンブルク、マレーシア、オランダ、ニュージーランド、ノルウェイ、ポルトガル、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、タイ、英国、米国では5月5日に発売予定となっています。

・関連記事
Microsoftがより安価な「Surface」を開発中、搭載OSは機能制限なしの完全版Windows - GIGAZINE

「Surface Pro 3」速攻レビュー、世界一薄いIntel Core搭載PCの実力は? - GIGAZINE

「Surface Pro 3」はノートPCの代わりになれるかベンチマークテストなどいろいろ実施してみた - GIGAZINE

「Windows RT」は公式に終了がほぼ確定 - GIGAZINE

Windows RTはWindows 10へのアップグレード対象外となる模様 - GIGAZINE

MacBook Airの代わりにSurface Pro 3を選ぶべき理由をMicrosoftが説明する公式ムービー - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア,   動画, Posted by logv_to