ハードウェア

Surfaceキラー・タブレット「Miix 700」&プロジェクター内蔵タブレット「Yoga Tab 3 Pro」をLenovoがリリース


2015年9月4日からドイツ・ベルリンで開幕する国際コンシューマ・エレクトロニクスショー(IFA 2015)に合わせてLenovoがタブレットPCなど新製品を大量に発表。露骨にMicrosoftのSurfaceをターゲットにしたタブレットPC「Miix 700」と、プロジェクターを搭載した新型タブレットPC「YOGA Tab 3 Pro」の2つの特徴的なタブレットがリリースされることが明らかになっています。

Lenovo Newsroom | New “ideas” from Lenovo™ Inspire a PC Refresh this Holiday Season
http://news.lenovo.com/article_display.cfm?article_id=2050

Lenovo launches Yoga Tab 3 and Yoga Tab 3 Pro Android tablets | The Verge
http://www.theverge.com/2015/9/2/9243305/lenovo-yoga-tab-3-tablets-announced

Lenovo Newsroom | Lenovo Introduces Its Best Entertainment Tablets Yet
http://news.lenovo.com/article_display.cfm?article_id=2056

Lenovo Ideapad MIIX 700 Windows tablet takes on the Surface - SlashGear
http://www.slashgear.com/lenovo-ideapad-miix-700-windows-tablet-takes-on-the-surface-02400137/

◆YOGA Tab 3 Pro
LenovoのタブレットPC「YOGA Tab」シリーズの新モデル「YOGA Tab 3 Pro」は10.1インチ(2560×1600)液晶ディスプレイを搭載。SoCはCherry Trail世代のIntel Atom x5-Z8500(最大2.24GHz4コア/4スレッド)、メモリは2GB、ストレージは16GB/32GB。バッテリー容量は10200mAhと巨大で、18時間の連続稼働を実現しています。


前モデルYOGA Tablet 2 Proに引き続き、プロジェクターを内蔵。YOGA Tablet 2 Proではヒンジの側面部分にプロジェクターが内蔵されていたのに対してYOGA Tablet 3 Proではヒンジの中央部分に場所を変更しているため、タブレットPCを操作しながらの投影が可能になっています。


なお、スタンド中央にある穴で壁や天井からつり下げることも可能。最大70インチの大画面で投影できます。


なお、Android搭載の下位モデル「YOGA Tab 3」もあり。YOGA Tab 3は10インチ(1280×800)モデルと8インチ(1280×800)モデルがあり、両モデルともSoCにQualcomm APQ8009(1.3GHz4コア)、メモリが1GB、ストレージが16GBでOSはAndroid 5.1 Lollipopを採用しています。


YOGA Tablet 3 Proは2015年11月にWi-Fi版が349ドル(約4万2000円)、LTE対応版が599ドル(約7万2000円)で発売予定。また、YOGA Tab 3は8インチモデルが2015年10月に発売予定で、価格はWi-Fi版が199ドル(約2万4000円)、LTE対応版が249ドル(約3万円)。10インチモデルはWi-Fi版が299ドル(約3万6000円)、LTE対応版が349ドル(約4万2000円)で2015年10月発売予定となっています。

◆Miix 700
一見、Surface Pro 3に見える2in1タイプのタブレットPC「Miix 700」。12インチ(2560×1440)液晶ディスプレイを採用し、CPUには第6世代Intel Coreプロセッサー「Skylake」シリーズのCore m7を搭載。メモリは最大8GB、SSDは最大256GBと、Surface Pro 3に勝るとも劣らないハイスペックとなっています。


サイズは横292mm×縦210mm×厚さ8.95mmで、重さは780g。USB3.0ポートやmicroSDカードスロット、マイクロSIMカードスロットを搭載しておりLTE通信も可能です。


もちろんオプションのキーボードと本体は分離可能。


キックスタンドはSurfaceシリーズと同様に背面の中央部分にヒンジがあるスタイル。フロントとリアに500万画素のカメラを搭載しています。


金属製のヒンジはむき出し。


専用のスタイラスペンで文字入力にも対応。


The Vergeがプレスカンファレンス会場のMiix 700実機のファーストインプレションムービーを公開しています。

Lenovo has created a Microsoft Surface clone

Miix 700は2015年11月に価格699ドル(約8万4000円)で発売予定となっています。11万円オーバーのSurface Pro 3よりもはるかに安いため、Windows 10搭載の2in1タブレット市場で大きな存在感を発揮しそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Windows 10搭載の2in1コンバーチブル型ノートPC「Aspire R13」と2in1「Chromebook R11」をAcerが発表 - GIGAZINE

歴代最薄・最軽量の廉価版「Surface 3」が登場、フルバージョンのWindows採用で強力なモバイル性能を発揮 - GIGAZINE

「Surface Pro 3」速攻レビュー、世界一薄いIntel Core搭載PCの実力は? - GIGAZINE

LenovoのPCにはBIOSレベルでWindowsのシステムファイルを上書きする危険な機能があると判明 - GIGAZINE

Lenovo製PCに入っている極悪アドウェア「Superfish」はどれだけヤバイのか? - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア,   動画, Posted by logv_to

You can read the machine translated English article here.