Androidを上書きする「Windows 10」のカスタムROMをMicrosoftが開発中、スマホ勢力図が激変する可能性


Microsoftが中国のスマートフォンメーカーXiaomi(小米科技)とタッグを組んで、なんとAndroidスマートフォンにインストールすることで「Windows 10 for Phone」OSに変更できるカスタムROMを試験していることが明らかになりました。

Microsoft Is Developing Software That Converts Android Phones To Windows 10 | TechCrunch
http://techcrunch.com/2015/03/17/microsoft-android-rom/

Microsoft tackles China piracy with free upgrade to Windows 10 | Reuters
http://www.reuters.com/article/2015/03/18/us-microsoft-china-idUSKBN0ME06A20150318

ことの発端はMicrosoftが「Windows 10を今夏に発売する」と発表したWindHEC 2015の声明中に、以下の通りXiaomiとの提携をうかがわせる記述があったこと。

Xiaomiとの新しいプログラムの中で、Xiaomi Mi4ユーザーはWindows 10のテストに招待される予定です。

TechCrunchが情報筋から得た情報によると、MicrosoftがXiaomiと共同で開発中のAndroid端末用の「Windows 10」は、Android OSとのデュアルブート体制を構築するためのものではなく、なんとAndroidを上書きしてAndroid端末をWindows 10端末に変身させるタイプのカスタムROMであるとのこと。つまり、Android OS上でWindows 10エミュレーターを動かすものでもなければ、デュアルブートで選択肢を与えるものでもなく、Android端末を完全に「ハックする(乗っ取る)」ものだというわけです。

Xiaomiによって公開された、Windows 10が動くMi4。


Windows 10が目指す「デバイスを問わないシームレスなコンピューティング」を体験して、Windows 10の良さを体感すれば、AndroidユーザーはWindows 10へ乗換を検討するだろう、というのがMicrosoftの算段です。

なお、Microsoftが中国企業であるXiaomiをパートナーに選んだのは大きな意味が隠されていそう。中国市場では、AndroidのフォークOSであるCyanogenModがNexusキラー「OnePlus One」などを通じて一定のシェアを持っており、巨大な中国市場ではカスタムROMに対する抵抗が小さいと見られるため、Androidをハックするテスト環境として最適だと考えられます。さらには、Microsoftはなんと、中国市場では海賊版のWindowsに対してもWindows 10の無料アップグレードを認めるという方針を打ち出しており、中国の海賊版ユーザーをもごっそり取り込もうというわけで、モバイルOS・デスクトップOSともども軒並み中国ユーザーの取り込みを狙っているのだと考えられます。

・関連記事
Windows 10が2015年夏に190カ国・111言語向けに提供されることが決定 - GIGAZINE

Windows 10は無料でWindows 7・Windows 8.1などからアップグレード可能 - GIGAZINE

「スマホ用Windows 10 テクニカルプレビュー版」はこんな感じ - GIGAZINE

なぜWindows 10が「特別なOS」なのかが一発で分かる新機能まとめ - GIGAZINE

2014年第3四半期にスマホは全世界で20%増、特にXiaomiは300%成長 - GIGAZINE

2014年に57機種ものスマホを発表しているメーカーはいったいどこなのか? - GIGAZINE

1534

in モバイル,  ソフトウェア,  ハードウェア, Posted by logv_to