地球磁場が予想より早く弱まっていることが判明、地磁気反転の時期は?

By NASA Goddard Space Flight Center

地球が持つ地磁気の強さは長い年月を経る間に変動しており、さらにこれまでの地球の歴史では数百万年~一千万年のスパンでN極とS極が反転する「地磁気逆転」が起こってきたことも知られています。欧州宇宙機関(ESA)が人工衛星を用いて地磁気の状態を調査したところ、従来予想されていたよりも早い割合でその強さが減少していることが明らかになりました。

Earth's Magnetic Field Flip Could Happen Sooner Than Expected - Scientific American
http://www.scientificamerican.com/article/earth-s-magnetic-field-flip-could-happen-sooner-than-expected/

欧州宇宙機関は2013年11月に地磁気観測衛星SWARMの打ち上げに成功。3基の衛星が連携して観測を行うSWARMが高度460km~530kmの高度を周回して地磁気の観測を約6か月にわたって実施してきたところ、従来予想されていたものよりも10倍も速い「10年間で5%」というペースで地磁気の強さが減少していることが明らかになってきました。

現状ではその原因は不明とされていますが、いまから2000年後に起こると予想されている地磁気逆転の時期が早まることにもつながると考えられています。また、すでに地磁気の磁極が移動するポールシフトが以前から観測されていることも知られています。

SWARMによる観測結果を示した地図がこちら。赤く描かれたインド洋周辺が最も地磁気が強く、北米大陸周辺が最も弱いという事実が明らかになっています。


現代の科学でも地磁気が発生するメカニズムはよくわかっておらず、「地球そのものが永久磁石であるという説」と「流体ダイナモ説」など複数の説が唱えられています。地磁気は宇宙空間へと広がり、地表高度6万kmという高さにおよぶ磁気圏を形成し、太陽風などの生物に有害な宇宙放射線から地球をガードする働きが備わっています。

By Wikipedia

ただし、この現象が人間などの生物に与える影響は限定的と考えられています。仮に地磁気逆転が発生したとしても宇宙から降り注ぐ宇宙線が大量に増加することはないと考えられています。これまでの地球の歴史からも地磁気逆転による生物の大量死を示す痕跡は残っていないとのことで、影響を受けるのは電子機器などに限られると考えられているのであまり心配する必要はなさそう。

なお、地磁気強度の変化は噴火活動の観測に使われることもあるとのこと。地中のマグマが上昇して地殻の温度が数千度にまで上昇するとその部分の岩石が熱によって消滅して、全磁力が消磁域の南側で減少、北側で増加することがあります。このデータをもとにマグマの動きを感知し、噴火に向けての動きを事前に察知するという仕組みが利用されています。

地磁気観測所|基礎知識|Q&A Q14. 地磁気は火山活動とどのような関係があるのですか?
http://www.kakioka-jma.go.jp/knowledge/qanda.html#14

・関連記事
土星の衛星「エンケラドゥス」での水の存在が重力マップ調査でより確実に - GIGAZINE

ハッブルの後継となる巨大宇宙望遠鏡「Webb」の開発風景が高画質写真&ムービーで公開される - GIGAZINE

地球上のすべての生命を全滅させることができる10大事象とは? - GIGAZINE

世界最古・44億年前のジルコン結晶体から明らかになってくる太古の地球 - GIGAZINE

天体写真に絶大な影響を与えた発明を考えたのはアマチュア天文家だった - GIGAZINE

超ミクロな量子泡から超巨大な宇宙の果てまであらゆるサイズがスライダーを動かすだけで直感的に理解できる「The Scale of the Universe 2」 - GIGAZINE

NASAが次世代宇宙服のデザイン投票の結果を発表、3つのデザインから選ばれたのは? - GIGAZINE

世界初の宇宙でコーヒーブレイクが楽しめるエスプレッソマシン「ISSpresso」 - GIGAZINE

宇宙船に吸い込まれていく人が見える斬新な風鈴「UFO風鈴」レビュー - GIGAZINE

133

in サイエンス,  メモ, Posted by logx_tm