Microsoftが複数のプラットフォーム向けのアプリを共通化するプロジェクトを発表


Microsoftは、2014年4月2日に開催されたデベロッパー向けカンファレンス「Build 2014」で、PC・タブレット・スマートフォンなどMicrosoftが提供する全てのプラットフォーム向けのアプリを1つにまとめるプロジェクト「Universal Windows Apps」を発表しました。

Microsoft introduces Universal Windows apps | WMPoweruser
http://wmpoweruser.com/microsoft-introduces-universal-windows-apps/

Microsoft talks about bringing universal Windows apps to Xbox One - Neowin
http://www.neowin.net/news/microsoft-talks-about-bringing-universal-windows-apps-to-xbox-one

Universal Windows Appsが実現すれば、デベロッパーはPC・タブレット・スマートフォンなどのプラットフォームに最適化可能なアプリの開発を可能。開発言語はC#・JavaScript・HTML5に対応していて、Windows Runtime上で動作しつつ、同じフレームワークを利用できるとのこと。また、デベロッパーはSpecifiedコード・Sharedコードの所有が可能で、開発したアプリをWindows 8.1やWindows Phone 8.1エミュレータで簡単にテストできます。

ユーザーはUniversal Windows Apps対応のアプリを異なるプラットフォームの端末でアプリを統合でき、例えば、Windows Store上でUniversal Windows Apps対応のアプリをタブレットにインストールすると、そのアプリをPCやスマートフォンでも利用できるというわけです。


Microsoftはデベロッパーに複数のプラットフォームで動作するソフトウェアの開発をサポートするため、「Visual Studios 2013」のアップデートを提供する予定。また、Universal Windows Appsに含まれるプラットフォームに同社の家庭用ゲーム機「Xbox One」が追加される可能性があることも明らかになっています。

アプリの開発が以前より容易になったことで、多くのデベロッパーやユーザーにメリットをもたらすことになり、Universal Windows AppsがMicrosoftにとって大きな一歩となることは間違いなさそうです

・関連記事
Windows 95搭載のスマートフォン・Windows 95 PhoneをNokiaが発表 - GIGAZINE

Windows・AndroidのデュアルブートPCがOSメーカーの圧力で発売中止に - GIGAZINE

マイクロソフトが「無料版Windows 8.1」を計画中とリークされる - GIGAZINE

Windows XPを使ったATMが95%も存在し、更新が間に合わないおそれ - GIGAZINE

無料で「Windows Phone」をMicrosoftが端末製造メーカーに提供することが明らかに - GIGAZINE

49

in モバイル,  ソフトウェア,  ハードウェア,  メモ, Posted by darkhorse_log