LINEのメッセージを既読にせず読めるようになる無料アプリ「ちらみ」


スマートフォンでメッセージのやりとりを行うのに便利なアプリがLINEですが、これを使うとメッセージの送り主は、相手がメッセージを読んだかどうかをメッセージ横に表示される「既読」で判断可能になります。この「既読」をつけないようにメッセージが読めるようになるアプリが「ちらみ」で、LINEの他にも通知センターに表示されるメッセージは専用アプリを開くことなく閲覧可能になります。

ちらみ~既読つけないで未読のまま読む!既読回避で既読無視解消 - Google Play の Android アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.awalker.chirami

◆「ちらみ」をインストールして初期設定を行う
まずはGoogle Playから「ちらみ」をインストールします。


インストールが完了したら「開く」をタップ。


「設定方法を確認する」をタップ。


すると設定方法の説明画面になるので……


画面中程にある「ユーザー補助を設定」をタップ。


ユーザー補助画面の「サービス」内にある「ちらみ」をタップ。


画面右上のアイコンをタップ。


「OK」をタップ。


画面右上のアイコンがON状態に変わっていれば設定完了です。


◆「ちらみ」で既読をつけずにメッセージを読んでみる
実際にLINEのメッセージが届くと、画面左上の通知領域にLINEと「ちらみ」のアイコンが表示されます。


通知センターを表示してみると、こんな感じ。


「ちらみ」アイコンをタップ。


するとこんな感じでメッセージが表示されます。


これくらいの文章なら全文表示可能です。


さらに、画面下部の「LINEを起動」をタップしてみます。


するとLINEが起動、トークルームの選択画面が表示されるので、「ちらみ」で読んだメッセージに既読がついていないことが確認できました。すぐにメッセージの返信がしたい場合にはこの「LINEを起動」が使えますが、LINEでトークルームを開いたままにしている場合、トークルームが開きせっかくの未読状態が既読になって相手にバレてしまい、「ちらみ」を使う意味がなくなってしまうので注意が必要。


「ちらみ」では通知センターに届いたメッセージを保存することで、専用アプリに既読をつけることなくメッセージの閲覧が可能になるので、「設定」→「アプリ」から使用したいアプリの「通知を表示」にチェックを入れておく必要アリです。


なお、通知センターのメッセージを保存するだけなので、画像ファイルやスタンプを表示することはもちろん不可能となっています。

・関連記事
Twitterでフォローを外されたり、mixiでマイミクを拒否られるタイプ8種類、あなたは大丈夫? - GIGAZINE

SNSが学生や社会人からどれほど生産性を奪っているかを表した図 - GIGAZINE

Facebook上のいいね!をまとめて一括でクリックする「どうでもいいね!」 - GIGAZINE

毎日大量に届くメールを処理するための10のテクニック「Yesterbox」 - GIGAZINE

子どもに「忘れられる権利」を与える新法がカリフォルニアで施行される予定 - GIGAZINE

292

in レビュー,  モバイル,  ソフトウェア, Posted by logu_ii