Google謹製のGmailを強化するアプリ「Inbox」が誰でも利用可能に、メール送信の取り消しやリマインダー機能など使ってみた


メールをToDoアプリのように管理できるGoogleの「Inbox by Gmail」はもともと招待制だったのですが、日本時間の5月29日、誰でもインストール可能なアプリとして一般公開されました。メールの誤送信を防ぐUndo機能・署名機能・スワイプアクションをデフォルトで「削除」に設定できる機能、Google Keepとの連携機能など、新たな機能も追加されたため、新規追加された機能の中で動作が確認できるものを、Androidアプリ・iOSアプリ共に実際に使ってみました。

Official Gmail Blog: Thanks to you, Inbox by Gmail is now open to everyone
http://gmailblog.blogspot.co.uk/2015/05/thanks-to-you-inbox-by-gmail-is-now.html

Inbox by Gmail - あなたに役立つ受信トレイ
http://www.google.com/inbox/

まずはiOS版を使用するので、iOS版Inboxダウンロードページで、「インストール」をタップ


インストールが完了したら、「開く」をタップします。


Gmailにログインする必要があるので、「ログイン」をタップ。


ここではアカウントを追加してログインするので、「アカウントを追加」をタップ。


Gmailのログイン画面が表示されるので、Gmailのメールアドレスとパスワードを入力して、「ログイン」をタップします。


チュートリアルが表示されるので、右下にある矢印のアイコンをタップして、チュートリアルを進めます。


チュートリアルが完了したら、そのまま「完了」をタップ。


Gmailの受信トレイが表示されます。通常、メールの受信トレイは件名・差出人が書いてあるだけですが、Inboxの場合は添付された画像やムービーまで表示されるので、メールを開かなくても内容が理解できるようになっている仕様です。


まず送信したメールを取消しできるUndo機能を試してみます。メールを送信するため、右下の赤いアイコンをタップ。


「作成」をタップ。


メールを作成して、右上の送信アイコンをタップ……


すぐにメールの誤送信に気付いたら、右下に表示されている「キャンセル」を押せば送信が止まり、メール作成画面に戻ります。


メール送信をキャンセルできるのは、ほんの数秒なので、瞬時に判断する必要がありました。


次に、署名機能を試すため、受信トレイの左上にある赤枠で囲んだところをタップ。


続いて「設定」をタップします。


メールアカウントが表示されているので、右側のアイコンをタップ。


署名設定の右側にあるアイコンをタップ。


署名の右側にあるON/OFFアイコンをタップ。


署名をONにすると、署名が書き込めるフォームが表示されるので、メールに入れたい署名を入力します。署名のフォームは改行して入力することも問題なくできました。


署名を設定したら、次にメールを送信してみます。


送信したメールを受け取ると、赤枠のような署名になりました。青枠部分にあるハイフン2つは、自動的に入力されるもので、仕様のようです。


続いて、スワイプの削除設定機能を試すため、受信トレイから左上にある赤枠で囲んだところをタップ。


続いて「設定」をタップします。


メールアカウントが表示されているので、アイコンをタップ。


メールの完了時の操作の右側にあるアイコンをタップ。


「ゴミ箱に移動」をタップすれば設定完了。


不要なメールを右にスワイプさせれば、一発でメールが削除できます。


最後に、Google Keepとの連携機能を確認するため、Google Keepを開いてリマインダーを設定。


Inboxの受信トレイに設定したリマインダーが追加されました。


今回は確認できませんでしたが、フライト予約や宿泊予約など旅行のメールをまとめてくれる「Trip Bundles」機能もあります。


その他、タスクが入ったメールを受け取ると自動的にリマインダーに登録してくれる機能、HotelTonightEat24の予約情報を表示する機能が追加されました。

◆Android版の操作方法
基本的な操作はiOS版と同じです。まず、Android版アプリダウンロードサイトで「インストール」をタップ。


「開く」をタップ。


「ログイン」をタップ。


Inboxで使用するアカウントを選択。


受信トレイが表示されます。


メールの送信をキャンセルするUndo機能をチェックしてみます。右下の赤いアイコンをタップして、「作成」をタップ。


メールを作成して、右上の赤枠のアイコンのタップ。


誤送信に気づいたら「キャンセル」をタップします。これでメールの誤送信を回避できるわけです。


次に、メールの署名設定を試してみます。受信トレイから左上のアイコンをタップ。


「設定」をタップ。


使用しているアカウントのメールアドレスをタップ。


「署名設定」をタップします。


署名の右側にあるON/OFFのアイコンをタップ。


署名を入力するフォームが表示されるので、署名を入力。


署名がどう表示されるかメールを試しに送ってみます。


実際にメールを受け取ると、署名は赤枠で囲まれた部分のように表示されました。


次に、スワイプアクションでメール削除を一発で行える設定をしてみます。受信トレイから左上のアイコンをタップ。


「設定」をタップ。


使用しているアカウントのメールアドレスをタップ。


「メールの完了時の操作」をタップします。


「ゴミ箱に移動」をタップ。


以上で、メールを右にスワイプさせると、メールを一発で削除できるようになります。


Google Keepとの連携機能を確認するので、Google Keepでリマインダーの設定をします。


InboxのリマインダーにGoogle Keepで設定した内容がちゃんと反映されました。


なお、Inboxの基本的な使い方は、以下の記事が参考になります。

Googleの新メールアプリ「Inbox」をさっそく使ってみました - GIGAZINE

・関連記事
Android Oneは4倍高速・80%データ圧縮・メモリはわずか80MBでOK、YouTubeやGoogleマップをオフライン利用可能 - GIGAZINE

衣類に織り込んだタッチコントローラーなどGoogleが開発する未来の技術「Jacquard」と「Soli」とは? - GIGAZINE

Amazonが安価で生鮮食品を買える「プライベートブランド」での食品配達を計画中 - GIGAZINE

無料で容量無制限に写真&動画を保存しまくれる「Google Photos」、本日から利用可能 - GIGAZINE

GoogleからIoT向けOS「Brillo」登場、スマホと家電を融合させる「WEAVE」とは? - GIGAZINE

スマートウォッチAndroid Wearがさらに強化、「常にオン」「腕振りジェスチャー」「手描きで絵文字認識」「アプリランチャー」 - GIGAZINE

in レビュー,   モバイル,   ソフトウェア, Posted by darkhorse_log