レビュー

Gmailの受信メールをメールボックス内で直接編集しタスクをラクに管理できる「Signal」


GmailにはToDoリスト機能があり、これを使用すればメールボックス内でToDoリストの作成ができますが、メールで自分の予定をチェックしながら自身のタスクをToDoリストにわざわざ手打ちするのは面倒な作業。そんな時にGmailの受信メールをメールボックス内で直接編集できるChrome拡張機能「Signal」を使用すれば、メール内容を編集して、それをそのままToDoリストに投げたり、メールにラベルを付けてToDoリストを自作したりすることでメールボックス内でのタスク管理が簡単に可能になります。

Signal – Edit emails in your inbox
https://trysignal.com/


◆実際に使ってみた
トップページの「Install Signal」をクリック。


ChromeウェブストアのSignalを追加するページに飛ぶので……


「無料」をクリック。


「追加」をクリック。


Signalの追加が完了すると、こんなポップアップが表示されます。


というわけでSignalを使用してみるべくGmailへ移動。


Signalを追加してからGmailへ移動すると、初回はこんな画面が表示されSignalの使用方法が書かれています。


「Authorize Signal」をクリック。


「承認する」をクリックすれば、Signalの使用が可能になります。


Gmailのメールボックス内には特に変化はありません。


メールをクリックして開いてみます。


すると赤枠部分にSignalにより追加されたボタンが設置されていました。


Gmailに追加されるのは「Editing」「Highlight」「Restore」のボタンの3つ。


表示されるメールはこんな感じで、赤枠部分のメールタイトルと本文がSignalを追加したことで編集可能となっています。


メールを開くと「Editing(編集状態)」となっており、メールの編集が可能な状態となっているので注意が必要。


メールを開いた状態でメールのテキストを編集することが可能なので、文字を選択して……


ばっさり消去することも可能。


文字を選択した状態で……


「Highlight」をクリック。


すると選択したテキストのみ表示されるようになります。


こんな風にメールを編集して必要な情報だけに加工してやると、メールの内容が分かりやすくなる、というわけ。


「Restore」をクリックすると……


いつでもメールを初期状態に戻すことも可能。


メールを加工したら……


「Editing」をクリックすればメールの編集が終了します。


◆ToDoリストに追加してみる
メールボックスの「その他」から「ToDoリストに追加」を選択。


するとメールをToDoリストに直接表示させることが可能です。


「関連メール」をクリックすればいつでも元メールにジャンプできるので詳細な内容を確認することもできます。


自分でメールにラベル付をしてToDoリストを自作したりしても良さげです。

・関連記事
大量のメールを効率よく処理するための6つのステップ - GIGAZINE

複雑なToDoリストを階層表示・経過時間の計測・リマインダーなどで管理する「ToDoList」 - GIGAZINE

Gmailを新デザインに切り替える方法&どこが新しくなったかレビュー - GIGAZINE

シンプルな操作と設定のTodoリストを利用できるネットサービス「Todo.ly」 - GIGAZINE

やるべきことをリスト化したTODOをきちんと消化するための4つのコツ - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス, Posted by logu_ii