Amazonをロングテールモデルで成功に導いたジェフ・ベゾスCEOの名言20個

By Steve Jurvetson

インターネット通販の最大手であるAmazonを率いているジェフ・ベゾスCEOはTIME誌のパーソン・オブ・ザ・イヤーに選ばれたこともあるほど影響力のある人物です。このベゾス氏が、過去にビジネスや人生などについて述べた20の名言を、The Motley Foolがまとめています。

The 20 Smartest Things Jeff Bezos Has Ever Said (AMZN)
http://www.fool.com/investing/general/2013/09/09/the-25-smartest-things-jeff-bezos-has-ever-said.aspx


◆01:
「ビジネスは永久に若さを保っていなければいけない。会社が顧客と共に年齢を重ねていくとしたら、その企業はウールワースですよ」

By Jonathan Kos-Read

ウールワースは1879年創業の小売業者で、一時は「安売りの百貨店」として成功を収めたものの、業績不振のため1994年にウォルマートに買収されました。

By Adam Lederer

◆02:
「企業には顧客に対してより高いお金を払ってもらう努力をするもの、もうひとつは安い価格で済むような努力をする2つタイプがあります。Amazonは後者の方法をとる企業です」

By JD Hancock

◆03:
「顧客が利益を得ることは、私にとってチャンスでもある」

By cloud_nine

◆04:
「事前に答えが分かっている問題しか解かないのであれば、その企業はつぶれてしまう」

By CollegeDegrees360

◆05:
「Amazonには根底を支える3つの信念『常に顧客中心に考えること』『発明を続けること』『我慢強くあること』があり、18年間変わりません」

By marya

◆06:
「私は頻繁に『この先の10年で何が変わるのか?』という質問を自分に投げかけます。反対に、『この先10年で何が変わらないか?』という質問は絶対にしません。しかしながら、2つ目の質問は1つ目のものよりも重要なんです。私たちが展開する小売業では、顧客が低価格での商品提供・迅速な配達・商品の幅広いチョイスを望んでいて、この要望がこの先の10年間変わらないであろうことを十分に理解しています。先の10年間で顧客が『もっと製品を高くしてくれ』『もっとゆっくりと配達してくれないか』と望むことはあり得ないことなので、現在顧客の要望に答えるために注いでいる努力が、これからの10年間報われ続けることは至極当然のことです。長期的展望であっても信じていれば、多くの力をつぎ込めます」

By aroon_kalandy

◆07:
「頑固でなければすぐに諦めてしまう。また、柔軟でなければ直面している壁にぶつかり続け、違う解決法を見いだすことはない」

By Mike Baird

◆08:
「現実に起こることを想定したビジネスプランはうまくいかないでしょう。現実は常に変化し続けるものだから」

By Eduardo Amorim

◆09:
「昔は、自分が持っている時間を100%とすると30%をサービスの構築に、残りの70%をプロモーションに当てていたけど、現在は逆です」

By Alexandre Duret-Lutz

◆10:
「長年、価格弾力性について研究を行ってきましたが、常に『価格を上げるべきだ』という結果が出ます。しかしながら、価格を非常に低く設定することで顧客からの信頼を得られ、長期にわたるフリー・キャッシュフローを最大限向上させられると信じているので、価格を上げることはしません」

By Ryan Heaney

◆11:
「Amazonのスタートアップを容易にしたフレームワークを後悔最小化フレームワークと名付けました。80歳になって人生を振り返った時に「よかった」と言えるように、人生における後悔の数をできるだけ少なくしたかったのです。私は、大きな勝負になると思ったインターネットと呼ばれる新しいことにチャレンジして後悔することはない、と信じていました。例え、失敗しても後悔しないのはわかっていたんです。しかしながら、試さなかったら後悔していたでしょう。毎日後悔して生きることになるだろう、とわかっていたんです」

By Terry Chay

◆12:
「顧客と一体となってビジネスを始め、全力で働くことでイノベーションは生まれる。この理論はAmazonの発明の試金石です」

By Stuart Boreham

◆13:
「他社の社員は毎朝シャワーを浴びながら、どうやって競合社に勝つか考えています。Amazonの社員は毎朝シャワーを浴びながら、顧客のためにどうやって新しいものを発明するかを考えているのです」

By Helga Weber

◆14:
「企業は輝き続けることにこだわりすぎてはいけません。輝きが永遠に持続することはないのです」

By Aaron Weber

◆15:
「私は倹約が発明を生み出すと思っています。閉じ込められた小さな箱から脱出する方法は、自分で出口を造りだすしかないですから」

By giorgio raffaelli

◆16:
「1年当たりに行う試行の回数を2倍にすると、創作力は2倍に向上する」

By Shubert Ciencia

◆17:
「批評されたくないのなら、何もしないほうがましです」

By Hamed Saber

◆18:
「長期的な展望を持っていれば、顧客と株主の利益は必ず一致するはずです」

By Neil Kremer

◆19:
「発明には誤解されても信じ続ける我慢が必要です。自分の行動が信念に基づいていても、批評する人間が出てくるでしょう。そのときには『批評している人は正しいのか?』と自分に問いかけてみること。もし正しいと思うならば、彼らの言う通りにすればいいだけです。しかしながら、正しくないと思うならば批評に耐え続ける心が必要なんです」

By Tom Brown

◆20:
「他社の動向が気になることは理解できます。ただ、他社の行動をコピーするのではなく、自分のアイデアを加えて違う何かを生み出すことが大事なんです」

By Jules Stoop

・関連記事
Amazonのジェフ・ベゾスCEOがワシントン・ポストを約250億円で買収 - GIGAZINE

アポロ計画で使用されたエンジンをAmazonのCEOが深海からサルベージ - GIGAZINE

「STOP!! Amazon!!」、書籍の値引販売をAmazonが止めないので出版社51社が除外を要望 - GIGAZINE

Amazonが本を買うと電子版を激安か無料で提供する「Kindle MatchBook」開始 - GIGAZINE

Amazon物流センターの過酷な労働の実態が判明、多大なる犠牲が明らかに - GIGAZINE

Amazon値引き商品をカテゴライズして人気順に表示する「Amazon訳あり商品 (warehouse_deals_jp)」 - GIGAZINE

スタートアップを成功させた企業創設者が絶対に言わない10のこと - GIGAZINE

スタートアップを成功に導くために毎月自身に問いかけるべき10の質問 - GIGAZINE

スタートアップとして起業するための資金調達のステップをわかりやすく図式化するとこうなる - GIGAZINE

スタートアップとして起業するための作業に集中する方法 - GIGAZINE

スタートアップとして起業するためのビジネスプランの作り方まとめ - GIGAZINE

46

in メモ, Posted by darkhorse_log