ネットサービス

GoogleのRSSリーダー「Googleリーダー」が7月1日でサービス終了


つい数日前からGoogleでアプリ検索ができるようになったり、2月にGoogleストリートビューで見られる範囲が大幅拡大したりしましたが、始まるサービスがあれば終わるサービスもあるということで、2005年からGoogleが提供しているウェブベースのRSSリーダー(フィードリーダー)Google リーダーが2013年7月1日でサービス終了となることが明らかになりました。これはGoogleの「春のサービス大掃除」によるもので、Google リーダーの他にもいくつかのサービスが終了となることが発表されています。

Official Google Reader Blog: Powering Down Google Reader
http://googlereader.blogspot.jp/2013/03/powering-down-google-reader.html



これはGoogle公式ブログ、およびGoogle リーダー公式ブログで明かされたもの。

サービス終了の理由としては「Google リーダーの利用者数が減少してきていること」と「Googleが少数の製品に注力していく方針であること」の2点が挙げられています。

スムーズな移行のために猶予期間が3ヶ月設けられており、データを他のサービスに移行したい人のために、Google Takeoutを利用した方法が紹介されています。登録されているデータはXMLファイルで書き出されるほか、フォローしているユーザーのリストやフォローされているユーザーのリスト、作成したメモなどはJSONファイルでダウンロードできます。

Google リーダーのデータをダウンロードする方法 - Google リーダー ヘルプ
http://support.google.com/reader/answer/3028851



なお、このほかにBlackberry端末向けの「Google Voice App for Blackberry」は来週でサポートが終了、GoogleアースとGoogleマップ向けに3Dモデルが作れる「Google Building Maker」は6月1日に提供終了、Microsoft Officeで保存したファイルをGoogleドライブに自動保存するプラグイン「Google Cloud Connect」は4月30日で接続できなくなるなど、いくつかの製品・サービスも終了することになっています。

Official Blog: A second spring of cleaning
http://googleblog.blogspot.jp/2013/03/a-second-spring-of-cleaning.html


・関連記事
Yahoo!ブックマークが2013年7月17日でサービスを終了しYahoo!ボックスへ移行 - GIGAZINE

「Google Reader」亡き後、どれに乗り換えるべきかTwitterで投票するサイト「ReplaceReader」 - GIGAZINE

Googleリーダーの後継サービス筆頭Feedlyに48時間で50万件の新規登録 - GIGAZINE

Googleが保持するドメイン数は500個以上 - GIGAZINE

無料で5GB利用できる「Googleドライブ」を実際に使ってみるとこんな感じ - GIGAZINE

Googleのメガネ型PC「Google Glass」の音声操作で写真撮影・ネット検索するとこうなる - GIGAZINE

Googleはタブレットからの検索によって年間5000億円を生み出している - GIGAZINE

Google Analytics以上の超強力なリアルタイムアクセス解析ができる「Woopra」を試しに使ってみました - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logc_nt