レビュー

無料で自分好みのフォーマット・大きさ・色の方眼紙が作れる「Paperkit」

By CraftyGoat

用紙の大きさやマス目のサイズ、線の太さや色などを自由に調整しながら自分好みの方眼紙、ドット方眼紙、けがみの3種類を作成できるのが「Paperkit」です。

Paperkit - printable graph paper template
http://paperkit.net/


Paperkitには方眼紙とドット方眼紙、けがみの3種類があります。まずは方眼紙から作ってみます。


詳細は方眼紙の隣にあるメニューから調整可能で、変化は横の方眼紙に都度反映されます。


フォーマットにはA4やA3、リーガルサイズ、レターサイズの4種類があり、好きなものを選択可能です。


以下がデフォルト設定のA4用紙。


A3用紙になると、かなり幅広に表示されます。


マス目などの太さはセンチとインチの2種類で表示。


マス目の大きさの最小サイズは1mm。


最大サイズは40mmです。


外枠の太さの最小は5mm。


一方、最大は20mmになっています。


線の太さは「Thin(細い)」「Medium(中間)」「Thick(太い)」の3種類。以下はThin。


Thickにすると、かなりしっかりした印象。


また、色の選択も可能で、彩度の調整もできます。


「Download PDF」をクリックすればPDFファイルのダウンロードが開始されます。


実際にダウンロードしたものは以下のような感じです。


また、同様に調整しながらドット方眼紙を作成することも可能。


けがみもカラフルな仕上がりになりました。


「急に手紙を書きたくなったけれど、ちょうどいい紙がない」という時などにちょっとオシャレな用紙がさっと作れ、便利です。

・関連記事
A4用紙でポチ袋や文庫本カバーなどが簡単にできる「A4折形」を実際に作ってみました - GIGAZINE

コピー&ペーストするだけで折り本用PDFファイルを作成・ダウンロードできる「8p Orihon Maker」 - GIGAZINE

実際にポストに投函できる伝書バト型レターセット「LWA Pigeon Post」 - GIGAZINE

紙飛行機の形にデザインされた封筒セット「flying letter」 - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス, Posted by logq_fa