ゲイかストレートかを顔を見るだけで判断できてしまう「ゲイダー」の研究結果が明らかに

By ~Dezz~

ある人がゲイであるかストレートであるかバイであるかを直感的に評価する能力のことを「ゲイ」と「レーダー」を組み合わせてゲイダーと呼びますが、「人間には目の前の人間がゲイかストレートかを顔だけで判断できる能力が備わっている」とする研究結果が発表されたようです。

'Gaydar'
http://www.livescience.com/20360-sexual-orientation-visible-face.html

これはワシントン大学の大学院生であるTabakさんの研究によるものです。これまでもゲイダーの研究に以下のようなものがあります。

「ゲイは他のゲイのジャコウ臭を非常に良く検出できる

By Tim McFarlane

「同性愛者は異性愛者より分析的であるために仲間を見分けることができる

By sea turtle

「女性の性的嗜好を判別するには意識的に熟考するよりも即座の判断の方が正確性が高い

By Laurent Lavì Lazzeresky

Tabakさんの研究は「人はアクセサリーやヘアスタイルなどを抜きに、目鼻立ちや顔の輪郭から相手がゲイであるかストレートであるかを見分けることができる」ということを明らかにしています。

この実験はTabakさんが大学で129名の学生ボランティアを集め、111人のゲイの男性、122人のストレートの男性、87人のゲイ(レズ)の女性、93人のストレートの女性の写真を使い、性的嗜好を示すような髪や宝石などを切り取った顔のみを50秒間だけ見せて、その人がゲイかストレートかを答えてもらうという方法で行われました。上下を反転させた倒立顔において、局所的特徴の変化の検出が困難になるサッチャー錯視という現象がありますが、Tabakさんの実験においても上下、あるいは左右を反転させた顔写真を混ぜた結果、通常の顔、上下を反転させた顔、左右を反転させた顔のいずれの写真においても偶然とは言いがたい確率で、被験者は写真の人物がゲイかストレートかを見分けることができたそうです。

Tabakさんによれば「ゲイダー」の能力は確実ではなく、「正解率は大体50%後半から65%くらいだ」ということです。

By Meredith_Farmer

これまでの研究では人がゲイであるかそうであるかの判断がどのように行われているのかが明らかになっていませんでしたが、Tabakさんの実験では顔のパーツや輪郭が相手がゲイかどうかを判断するためのヒントのになる、ということが結論づけられました。

なお、この実験では被験者がゲイ/ストレートの顔写真を見せられたときの脳の動きをモニターに映し出していたところ、その判断はほとんど考えることなく行われていました。目の前に立っている人が男であるか女であるかをいちいち考えなくても、私たちは相手がゲイかストレートかを察知できる、というわけです。

・関連記事
鳥類の同性愛は生存戦略に基づいているという説が提唱される - GIGAZINE

全米2番目の同性婚認定州誕生、キスして喜び合う同性愛者たちの写真 - GIGAZINE

「女性リード型の描写が進むとホモセクシュアル的な傾向が出てきて、心理的にノーマルな性交渉が難しくなる」という偏見に満ちた議事録の存在が明らかに - GIGAZINE

市民公園でのセックスが合法化、ゲイ同士でも問題なしに - GIGAZINE

レスボス島の住民が「レズビアン」という言葉を用いないように女性同性愛者団体を提訴 - GIGAZINE

バンコラン少佐が現実に?英国情報局が同性愛者のエージェントを募集中 - GIGAZINE

307

in サイエンス,   Posted by darkhorse_log