iPhone5&iPad3に関する現時点での真偽不明情報まとめ


NTTドコモが2012年夏に受信時最大75MbpsのLTEサービス「Xi」(クロッシィ)対応「iPad 3」、そして2012年秋までに同じくXi対応「iPhone 5」を出すと日経ビジネスは報じていますが、実際にはどのようなものが出ると予想されているのか、海外にて現時点で出回っているウワサを集めてみました。

まず、NTTドコモとAppleが提携した条件は以下のような感じだそうです。

 アップルはドコモにiPhoneやiPadの販売権を与える条件として、ドコモが昨年12月に商用化したLTEネットワーク(サービス名は「Xi(クロッシィ)」)に対応させることを要求し、ドコモがこれに応じたもようだ。アップルがiPadとiPhoneにLTEの通信機能を搭載するのは、今回が初めて。

つまり、Xi対応はAppleがNTTドコモに要求を突きつけて実現した形となっており、これによってNTTドコモはiPhone 5リリースまでの間に急ピッチでXi対応エリアを整備するのではないか?と考えることが可能です。


次に、実際に「iPhone 5」がどういう感じで進んでいると予想されているかを断片的な情報から見てみましょう。


Apple iPhone 5 'coming in March' - and WILL have four-inch screen as sources report mass orders of larger touchscreens | Mail Online


要点が非常に簡潔にまとめられており、以下のようになっています。

・ソニーと日立が既に4インチのスクリーンの製造を開始しており、プロトタイプがAppleの開発本部に出荷されている
・2012年3月には開始される
・次のiPhoneは形が変わって今より薄くなるが8mm長くなり、アルミニウムのメタルボディとなる(iPad2のようなボディ材質)
・2012年夏には出荷される

「iPad 3」については、ウォールストリートジャーナルが以下のように報じています。

Sharp To Supply LCD Panels To Apple For Next iPad - WSJ.com


これによると、次のiPadの生産は来年から開始され、シャープの亀山第2工場がLCDパネルの製造を担当するそうです。

そして、「次のiPhone」について、以下のような真偽不明情報も出ています。

The iPhone 5 Was Real, Says A Source Who Played With A Prototype

・次のiPhoneはサムスンのスマートフォンのような4インチ画面搭載


・背面はiPad2のようなアルミニウム


・超微粒子による液体金属コーティングによってカラーバリエーションが可能になり、傷が付いてもアルミニウムの地の色が見えない


・ホームボタンは物理的なボタンではなく、タッチパネル式になる


・角の丸みなどがなくなり、より四角くてフラットな形になる


・パワーリミットを削除することによってより高速に動作するがバッテリーの寿命が持たない


・1000万画素カメラ搭載


・音声で操作する「Siri」は「アシスタント」という名前になる(現時点でSiriはまだベータ版であるため。日本語についても対応予定)


・ジョブズがこのiPhone5を出すことについてもらした不満は、画面の大きさ変更によって解像度も変更され、アプリ側での対応が再び必要になり、「iPhone 4Sまで対応」「iPhone 5まで対応」というようにして「分断」されてしまう、という点。


また、Appleから「iOS 5.1」のベータ版が開発者向けに公開されており、その中には「iPad 3.3」の文字があり、これが次のiPadなのではないか?と予想されています。


最終的に予想通りの製品が出てくるのか、それとも予想されていないサプライズがあるのか、いずれにせよ来年にはその結果が明らかになるはずです。

ところで、本当にNTTドコモからiPhoneが出たら、ソフトバンクやauはどのような対応策を出すつもりなのでしょうか?そっちの方が気になります。

なお、NTTドコモは本日付で以下のようなリリースを出しています。

ドコモからのお知らせ : 弊社に関する一部報道について | お知らせ | NTTドコモ

平素はNTTドコモグループのサービス・商品をご利用いただき、誠にありがとうございます。

本日、一部報道で、当社がアップル社の「iPhone」及び「iPad」の取り扱いを開始する旨の報道がありましたが、
現時点において、「iPhone」及び「iPad」の取り扱いについて、当社がアップル社と基本合意したという事実はございません。

また、現時点において、「iPhone」及び「iPad」の取り扱いに関し、アップル社と具体的な交渉をしている事実もございません。

大体よくありがちなパターンとして、

日経がスクープを掲載

企業側がそのような事実はないというリリースを発表

(数日~数ヶ月後)

日経のスクープ通りの内容を企業側が発表

というものがあるので、これもまた予定通りかつお決まりの定番コースなのかもしれず……

・関連記事
Samsungがさらに反撃へ、Appleに「iPad 3」や「iPhone 5」の開示を求める方針 - GIGAZINE

「iPad 3」は発売ずれ込みへ、超高解像度液晶の調達遅延が原因と調査会社が報告 - GIGAZINE

来年発売予定の新型iPhoneディスプレイを巡る熾烈なバトル、その舞台裏の一端がシャープの抗議で見えてきた - GIGAZINE

167

in メモ, Posted by darkhorse